新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

【2019年2月竣工予定】栄タワーヒルズの建設状況 18.09


栄タワーヒルズは、名古屋市中区栄3丁目の白川公園の東側に建設中のホテル型高層高級賃貸マンションです。地上28階、高さ100.80m、延床26,866.69m²、総戸数156戸の規模で、賃貸住居156室と、東建コーポレーションが運営する名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」や賃貸仲介業の「ホームメイト」が入居する複合ビルとなります。また、3階から4階はオフィスフロアとして活用され、「東建コーポレーション」の本社機能の一部を栄タワーヒルズのオフィスに移転する予定です。

 

【出典元】
栄タワーヒルズ

 

 

 

 

 

 

 


現地の様子です。既に最高部に到達しており、塔屋部分の構築を行っている所でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


用途共同住宅156戸・博物館・
オフィス・店舗
敷地面積3,102.41m²
構造RC造、及びS造
建築面積1,970.80m²
延床面積26,866.69m²
高さ100.80m
階数地上28階、地下1階
棟数3棟(住宅オフィス棟・
タワーパーキング棟・駐車場棟)
駐車場店舗用(屋根なし)平置き/2台
入居者様用(屋根あり)平置き/2台
入居者様用(屋根なし)平置き/3台
入居者様用(タワーパーキング)/144台
設計・施工(株)日本設計、清水建設(株)、
東建コーポレーション(株)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホテル型高級賃貸フロアは、入居者様の希望に合わせて5つのグレードに分けた部屋があります。 入居者にはホテル並みのサービスを提供、セキュリティー面では3重4重ものロックセキュリティーを組み、一般のホテルを凌ぐ厳重さが特長です。また「家具・家電付き」の部屋が65室(家具・家電なし:91室)あり、入居時や退去時にも荷物が少ないスマートな引越しが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


南東側から見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 


西側から見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

頂部の様子です。屋上には展望デッキを設置。ぐるりと1周して名古屋を一望でき、夜にはデッキ周囲のクラウンがシンボリックに輝き最高の夜景を演出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


北側から見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 


最後はミッドランドスクエアから見た様子です。

 

1 Comment

アリー my dear

展望デッキの形状が、昔のビル屋上でよく見られた「回転展望レストラン」のようです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です