【再都市化ナレッジデータベース】

ホテルフォルツァ名古屋栄(仮称)栄三丁目ホテル・商業複合ビルの状況 20.03


中部電力の全額出資子会社である中電不動産は、名古屋の繁華街である栄地区でホテルと商業店舗の複合ビルを建設すると発表しました。電力業界は小売り自由化で本業のエネルギーは競争が激しくなっており、収益源の多様化を目指す一環です。

(仮称)栄三丁目ホテル・商業複合ビルは、名古屋市中区栄3丁目建設されている、地上16階、地下1階、高さ57.37m、延べ面積8,100㎡の複合ビルで、12階に店舗、316階にホテルフォルツァ名古屋栄」が入居します。 設計は山下設計、施工は鹿島建設が担当し、2020年秋に開業する予定です。

【出展元】
中電不動産>「栄三丁目ホテル・商業複合ビル」工事着手
日経新聞>中部電、ホテルに参入 名古屋・栄に複合ビル
エフ・ジェイ ホテルズ

 

 

 

 

【スペック】
名称:ホテルフォルツァ名古屋栄
計画名称:(仮称)栄三丁目ホテル・商業複合ビル新築工事
所在地:愛知県名古屋市中区栄3丁目1712、1713(地名地番)
階数:地上16階、地下1階
高さ:57.37m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :
主用途:ホテル・商業施設
客室数:
敷地面積:1,223.24㎡
建築面積:748.98㎡
延床面積:8,100.89㎡
建築主:中電不動産
設計者:山下設計
施工者:鹿島建設
着工:2019年3月
竣工:2020年10月(予定)
開業:202011月(予定)

 

 

 

2020年3月の様子

現地の様子です。鉄骨建方がかなり進んでいました。

 

 

 

西側から見た様子です。

 

 

 

北西側から見た様子です。

 

 

 

最後は南東側から見た様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です