新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

(仮称)上町台筆ヶ崎プロジェクト リバー産業が上本町近くにタワーマンションを計画中!


(仮称)上町台筆ヶ崎プロジェクトは、大阪市天王寺区筆ヶ崎町に計画されているタワーマンションの建設計画です。規模は、地上35階、高さ124.40m、延べ床面積は25,497.04㎡。建築主はリバー産業、設計者は日企設計、施工者はリバー建設が担当しています。2020年07月に着工し2022年09月竣工の予定です。

 

 

 

【スペック】
名称:(仮称)上町台筆ヶ崎プロジェクト
所在地:大阪市天王寺区筆ヶ崎町17番3(地名地番)
階数:地上35階、塔屋1階、、地下1
高さ:124.40m
構造:RC造、一部S造
杭・基礎 :
主用途:共同住宅(分譲)
総戸数:
敷地面積:3,024.58㎡(都市計画道路を除く敷地面積:2,767.89㎡)
建築面積:905.21㎡
延床面積:25,497.04㎡(容積対象面積:16,075.29㎡)
建築主:リバー産業
設計者:日企設計
施工者:リバー建設
着工:2020年07月
竣工:2022年09

建築計画のお知らせに掲載されていた立面図と配置図です。

 

 

現地の様子です。計画地は元:近畿産業信用組合本店ビルの跡地です。近畿産業信用組合は淡路町ビル跡地に新本店ビルを建設し新ビルに移転しました。

(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 19.03



 

 

 

開いたゲートから見た内部の様子です。旧ビルの解体工事が行われています。

 

 


最後は南東側から見た様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です