【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)名駅一丁目計画ー三菱倉庫と名古屋鉄道の共同事業の状況 20.02【2020年夏頃竣工】


三菱倉庫株と名古屋鉄道は、2018年6月25日付けのニュースリリースで、名古屋市西区名駅一丁目 に建設予定のオフィスビル「(仮称)名駅一丁目計画」について共同事業を行うと発表しました。計画地はKITTE名古屋の北隣の敷地、約2,236.15㎡で、地上14階、地下1階、塔屋1階建 、高さ66.83m、延床面積18,859.99㎡のオフィスビルが建設されます。
【出典元】
オフィスビル「(仮称)名駅一丁目計画」の開発を決定

 

【2020年夏頃竣工】オフィスビル「(仮称)名駅一丁目計画」三菱倉庫と名古屋鉄道の共同事業の状況 18.09



 

 

 



【スペック】
名称:(仮称)名駅1丁目計画
所在地:愛知県名古屋市西区名駅1丁目1004他
階数: 地上14階、塔屋1階、地下1階
高さ:66.83m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :
主用途:事務所
総戸数:—–
敷地面積:2,236.15
建築面積:1,361.33 
延床面積:18,859.99
建築主:三菱倉庫、名古屋鉄道
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
着工:201810
竣工:2020年夏頃(予定)

 

 

2020年2月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2018年9月だったので、約1年5ヶ月振りの取材です。

 

 

 

東側から見た様子です。

 

 

 

KITTE名古屋とは2階レベルの歩行者デッキで直結されます。

 

 

 

北東側から見た様子です。

 

 

 

最後は北西側から見た様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です