【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

(仮称)S2計画『第一生命・鹿島建設・ノリタケ』3社共同オフィスビル、栄エリア99.9mの超高層ビル計画が始動【2026年3月竣工】



第一生命保険、鹿島建設、ノリタケカンパニーリミテドは、名古屋市中区新栄町二丁目において、3社共同でオフィスビル開発を計画していす。今回、2020年6月より検討していた事業内容について3社が合意に至り、名古屋市より総合設計許可が下付され、延床面積約 40,000 ㎡のオフィスビル共同開発プロジェクト(仮称)S2計画が始動しました!

新ビルは、S造、一部SRC造、地上19階、高さ:99.90m、延床面積:40,173.01㎡の規模で、設計施工は鹿島建設が担当。計画地では現在、3 社がそれぞれ所有する既存ビルの解体工事を進めており、新築工事は 2023年 6月に着手、2026年 3月の竣工を予定しています。

オフィスビルの外観は、空に高く伸びる縦基調としつつ、事業者であるノリタケの食器から着想し、ボー ンチャイナを連想させる温もりのある色調や角部の柔らかな曲線美を取り入れています。外装には日射制御に寄与する凹凸形状を採用することで光と影がもたらす造形美を表現。また、低層部は緑や風を感じ られる空間デザインとし、魅力ある街並み形成への貢献を目指しています。

【出展元】
名古屋市中区栄エリアにおけるオフィスビル共同開発プロジェクト始動

 

 



計画は名古屋市総合設計制度を最大限に活用し、栄地区のまちづくりに貢献する魅力あるオフィスビルを目指すもので、第一生命・鹿島・ノリタケの 3 社が協力し一体的に取り組みです。3社の土地を一体的に開発する建築計画とし施設を共同使用することで、名古屋市総合設計制度の 「敷地共同化」の特例が認められ計画が実現しました。

3つの前面道路(広小路通・錦通・武平通)に面する公開空地を整備し、ゆとりある歩行者空間を提供、錦通側の文化・芸術エリアと広小路通側の商業エリアをつなぎ、ウォーカブルなまちづくりに貢献します。

環境面では 「CASBEE-建築(新築)  」「CASBEE 名古屋」で最高ランクとなる S ランクを取得、名古屋市の「環境配慮指針適合建築物」に認定、今後、さらに「ZEB Ready 」などの第三者認証取得を目指しています。

 

計画概要

【スペック】
計画名称:(仮称)S2計画
所在地:愛知県名古屋市中区新栄町二丁目
階数:地上19階、塔屋3階、地下1階
高さ:99.90m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :
主用途:オフィス 、店舗
敷地面積:3,418.76㎡
建築面積:2,265.60㎡
延床面積:40,173.01㎡
建築主:第一生命保険、鹿島建設、ノリタケカンパニーリミテド
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
着工:2023年06月(予定)
竣工:202603月(予定)

 

2022年7月の様子


現地の様子です。事業者から計画概要が発表される事を見越して事前に撮影していました。こちらの写真は4ヶ月前の2022年7月の状況なので、現在はもっと解体工事が進んでいると思います。

 

 


西側から見上げた様子です。新ビルの外観は、事業者のノリタケの食器から着想した、ボー ンチャイナを連想させる色調や柔らかな曲線美を取り入れてたデザインとなります。

 


最後は南西側から見た様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。