新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

南堀江複合施設計画

大阪市南堀江での複合施設建設計画のお知らせ


当社は、かねてより道頓堀土地(大阪市西区南堀江一丁目)において不動産開発を進めて
まいりましたが、このたびその中心街区の建設計画の概要をとりまとめましたので、周辺街
区の進捗状況と併せてお知らせします。

計画地は、「四ツ橋筋」と道頓堀川との交点の北西に位置し、若者で賑わう高感度な街「堀
江」の玄関口にあたります。加賀藩の蔵屋敷があり、そののち大阪府会議事堂であった土地
を􏰀治35年に当社が取得し継続保有しているもので、周辺環境の変化に合わせて用途転換し
ており、今回の開発はその最終段階にあたります。

具体的には最大のA地区におきまして、商業施設、ホテル、賃貸マンションで構成する複
合施設(31階建、延床約66,000?)を来年着工する予定です。敷地内にも歩道を設け、街歩きを楽しむ若者が多い「堀江」の魅力を
増す施設とする計画です。

なお、周辺街区では従来より運営中の2つのオフィスビルに続き、昨年、賃貸用の「南堀 江マンション」(14階建 142戸)を稼働させました。また、B地区には商業施設2棟からな る「キャナルテラス堀江」を建設中です。5つの飲食店がオープンする予定で、大阪市によ る人道橋・遊歩道の整備も進んでおり、完成時には道頓堀川沿いの景観が一変することが期
待されます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です