新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

大阪・中之島「未来医療国際拠点」の基本合意書を締結、大阪市、日本生命グループ等


日本生命保険と京阪ホールディングス、関電不動産開発の3社は12月25日付けのニュースリリースで、大阪市北区中之島で計画する再生医療の拠点整備計画「未来医療国際拠点」について、大阪府・市などと基本合意書を締結し、開発事業者として参画すると発表しました。

大阪・中之島「未来医療国際拠点」は再生医療を中心とした先端医療の研究から実用化までを進める施設で、運営を担う「未来医療推進機構」のメンバーには、大日本住友製薬やロート製薬のほか、保険や物流各社、府、医療機関など22団体が参画しています。

産官学が連携して研究開発やベンチャー支援を行う研究棟と、臨床研究を進める病院棟の2棟が建設され、学会が開ける国際フォーラムも設けられます。2020年1月に大阪市と開発事業者が70年間の定期借地権設定契約を締結し、施設の整備を進めます。 2023年12月竣工、2023年度中のオープンを目指しています。投資額は200-300億円の見込みです。

未来医療R&Dセンター 様々な研究ニーズに対応する複合研究施設

リエゾンオフィス [約14,600㎡](外部連携部門、営業部門、研究開発部門等) 未来医療国際拠点で生成される新たなシー ズやコミュニティへの日常的なアクセスニー ズのある関連企業や研究機関等の入居を想 定した施設

研究開発支援施設群 [約4,100㎡](機構事務室、治験関連施設、インキュベートスペース、産学医連携スモールオフィス、コワークスペース等) インキュベーション支援サービスの提供、幅広い共同研究や臨床治験を促進する施設

交流促進施設 [約500㎡](サロン等) 入居者や会員等の創造活動やコミュニティ活 動を活性化する施設

未来医療MEDセンター 未来医療R&Dセンターと連携する複合医療・健診施設

病院 [約12,000㎡(病床数170床程度)]未来医療の実用化を促進する臨床治験機能(治験病床)を備えた医療施設、急性期医療をはじめ回復期医療、地域包括ケアへの対応も想定

クリニック [約3,600㎡ 高度健診センター含む]様々な診療科目の再生医療関連クリニック群、病院とも連携し、研究成果の実践の場として最先端の医療技術、治療法を提供

高度健診センター 最新の検査機器と高度な健診技術による高 精度な健診サービスを提供する施設、病院や クリニックとの連携により受診者の総合的な 健康管理を支援

中之島国際フォーラム 周辺施設とも連携するオープンスペースを備えた交流施設

交流促進施設 [約1,200㎡](コミュニティカフェ/企業ショールーム)   普段は市民や未来医療関係者の憩いの場で あり、市民向けの未来医療や生命科学関連の イベントや周辺施設と連携したイベント等の 開催も可能、未来医療国際拠点と市民との接 点となる交流促進施設

カンファレンスセンター [約1,700㎡]未来医療の産業化を促進するビジネス交流 や世界の高度人材の呼び込みを可能とする 未来医療関係者の交流・情報発信施設

 

 


配置図です。大阪中之島美術館からつながる中央 緑道を設置し、中之島3丁目街区か ら西側隣接市有地までを結び、なにわ筋線新駅、さらに中之島5丁目につながる中之島地区の回遊性向上に寄与する歩行者ネットワークを形成します。

 

 

 


<拠点のコンセプト>
未来医療国際拠点  再生医療をベースに、ゲノム医療や人工知能(AI)、IoTの活用等、 今後の医療技術の進歩に即応した最先端の「未来医療」の産業化を推進 。 難治性疾患に苦しむ国内外の患者への「未来医療」の提供により、 国際貢献を推進。

<拠点がめざすビジョン>
全国トップレベルの大学・研究機関(アカデミア)が先進的な研究を展開する 大阪・関西において、我が国が世界をリードする環境を有する再生医療をベースに、 品質を確保したデータによる信頼性の高い情報・支援基盤を形成することにより、 オールジャパン体制での未来医療技術の産業化とその提供による国際貢献を推進。

 

1 COMMENT

アリー my dear

いよいよですね!大阪中之島美術館に続く再開発に期待が高まります(^。^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です