【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画の状況 20.09【2023年1月竣工】



ニッピは大阪市浪速区難波中二丁目の所有地で進めている開発計画で、南側敷地(約4510㎡)のうち南西側約2505㎡(B敷地)の活用方針を2020年9月16日に発表しました。南海電鉄が賃借した上で、なんば開発特定目的会社に転貸し、オフィス・店舗・駐車場で構成した複合ビルが建設されます。

B敷地南西側の計画規模は、S造14階建て延べ約1万9673㎡。2020年11月に着工し、2023年1月の完成予定です。設計は大成建設が担当します。

全体計画のうち、北側約4404㎡(A敷地)は、先行して超高層タワーホテルの建設工事が進んでいますが、残る南東側の敷地(約2004㎡)については、活用方法を検討しているとのことです。

【出展元】
→当社なんば地区所有地B敷地(南西側)の開発について

 

 



計画名称 (仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画
所在地 大阪市浪速区難波中二丁目21番2(地名地番)
交通 南海難波駅、御堂筋線なんば駅
階数 地上14階、棟屋1階、地下0階
高さ 58.35m
構造 鉄骨造
杭・基礎
主用途 事務所、店舗、駐車場
総戸数
敷地面積 2505.78㎡
建築面積 2179.47㎡
延床面積 19673.15㎡
容積対象面積 15023.98㎡
建築主 なんば開発特定目的会社
設計者 大成建設
施工者 未定
着工 2020年11月16日(予定)
竣工 2023年01月10日(予定)
備考
 


建築計画のお知らせに掲載されていた立面図です。立体駐車場部分が大きく少し驚きました。B敷地計画は、A敷地で建設中のセンタラグランドホテル大阪の機能を補う付随施設的な位置づけの様です。

 

 



同じく、建築計画のお知らせに掲載されていた配置図です。B敷地の東側は歪なカタチの「C敷地」になりました・・・。

 

 


A敷地 B敷地
敷地面積 4,400.72 ㎡ 2,505 ㎡
用途 ハイエンドホテル オフィス、商業、駐車場
階数・高さ 34 階  141 m 14 階  58 m
借主 南海電気鉄道㈱ 南海電気鉄道㈱
事業スキーム 一般定期借地権・転貸 一般定期借地権・転貸
定期借地権本契約締結 2019 年 10 月(済) 2020 年 10 月 30 日予定
借地期間(予) 2020 年 4 月 1 日~
2075 年 3 月 31 日( 55 年)
2020 年 11 月 16 日~
2074 年  5 月 31 日( 53 年 6 か月 )
工事期間(予) 2020 年 4 月 1 日~
2023 年 6 月末日
2020 年 11 月中旬~
2023 年 1 月上旬
施設開業日(予) 2023 年 2023 年 1 月上旬
 

 

2020年9月の様子


現地の様子です。少し前には埋蔵文化財発掘調査が行われていました。

 


西側から見た様子です。写真の手前に古い建物の遺構が見えています。

 

 


南側から見た様子です。

 

 


最後は南西側から見た様子です。

 

5 COMMENTS

宮古

土地の使い方が残念
あの場所であの規模のまとまった面積は貴重なのに

しろきちさん

特定目的会社の登記簿を見ると法律事務所の中にあるみたいですから、恐らく便宜上のものなんでしょうね。

うめきた開発特定目的会社の本店も東京ですね。
大阪都になりたい人は、あこがれの東京に本店があることがうれしいのでは?

ぷんぷい

なんば開発特定目的会社の所在地が東京とか、イラっとしますね。

アリー my dear

ホテルのすぐ隣ですから、客室からの眺望を遮らないようという配慮からビルの高さを抑えたのかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です