新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

ダイビル本館 11.10




ダイビル本館は、 近代建築物の名作として名高かった「ダイビル本館」を解体し建設される超高層ビルで、地上22階、塔屋2階、地下2階、高さ108.19mのオフィスビ ル。 キーテナントとして大林組の入居が内定しています。前回取材したのが8月だったので、約2ヶ月振りの取材でしたが、ついに鉄骨が上に伸び始めました。また、福島区民さんから頂いた情報によると、現地ではタワークレーンの組み立てが始まったそうです。


【過去記事】
ダイビル本館 11.08
中之島ダイビル・ウエスト 11.04
→中之島ダイビル・ウエスト 11.02

→中之島ダイビル・ウエスト 10.10
→中之島ダイビル・ウエスト 10.08

→ダイビル本館の消失 10.07
→中之島ダイビル・ウエスト 10.05
→中之島ダイビル・ウエスト
■追跡取材リスト











IMG_3402.jpg

【スペック】
名称:ダイビル本館
階数:地上22階、塔屋2階、地下2階
高さ:108.19m
敷地面積:21,085.64m2(施設全体)
建築面積:4,559.81m2
延床面積:52,978.81m2
竣工 : 2013年02月末(予定)























IMG_3406.jpg

ダイビル本館の西側、中之島通りに面した共同開発区域の北西エリアには、広さ約3,300m2 の「花・緑・水・光」をテーマにした「北西広場(仮称)」が設けられます。さらに、ダイビル本館と、関電ビルディング、北西広場(仮称)、は2階 レベルのデッキで接続され、中之島遊歩道と接続する歩行者用ブリッも一体的に整備されます。








IMG_3137.jpg

最後は引きのアングルで西側から見た、ダイビル本館の建設工事の様子です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です