【再都市化ナレッジデータベース】

「ONthe UMEDA」(オンザ ウメダ)Osaka Metroグループのコワーキングスペースが梅田に誕生!(地下階編)



Osaka Metroグループでホワイティうめだを運営する大阪地下街株式会社は、新規事業としてコワーキングスペース「ONthe(オンザ)」を展開すると発表、その1号店となる「ONthe UMEDA」が2019年12月9日に開業します。





 

 

 

 

地下階は静かで落ち着いたムード

「ONthe UMEDA」(オンザ ウメダ)特集2回目は「地下階編」です。まずはエントランス付近の様子です。「ホワイティうめだ」と繋がっており、雨の日でも濡れずにアクセスする事ができます。

 

 

 

 

セキュリティーゲートはこんな感じ。デンソーウェーブのQRコードリーダーが埋め込まれています。

 

 

 

 

エントランスロビーの様子です。奥にはTELBOXが4箇所。

 

 

 

 

ロビーに面して「カフェカウンター」があります。

 

 

 

 

テーブル席(44席)の様子です。

 

 

 

 

地上階に比べると落ち着いたムードが漂います。

 

 

 

 

ブースとソファーの中間的なチェアがありました。

 

 

 

 

続いてブース席の様子です。簡易パーティションで区切られた、プライベート感のあるエリアです。

 

 

 

 

ネットカフェの様な雰囲気がありますね。

 

 

 

 

集中して作業に取り組みたい時に重宝しそうです。

 

 

 

 

こちらは「固定席」。開業後は撮影出来ないかもしれない、レアな空間です。

 

 

 

 

内部はこんな感じ。大きなテーブルが良さげです。

 

 

 

 

こちらは「ナップルーム」です。ICタイプのメンバーズカードを持った人が利用できる「仮眠室」です。

 

 

 

 

リクライニングシートとオットマン。

 

 

 

 

地下階にある「シェアオフィス」の様子です。入居者がオフィスを作るのでしょうか・・?

 

 

 


駆け足でレポート記事をおとどけした「ONthe UMEDA」(オンザ ウメダ)。地上は「コミュニケーション」・交流、地下は「プライバシー」・集中といった感じで2つのフロアが明確に別けられるのが良いと思いました。利用者はその時の状態によって、地上、地下を使い分ける事ができます。前回も書きましたが、立地、デザインが良く使いやすいコワーキングスペースなので、認知度が上がれば、かなり人気が出ると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です