【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)淀屋橋東京海上日動ビル建替工事 12.12

IMG_6643.jpg


(仮称)淀屋橋東京海上日動ビル建替工事は、(仮称)日本生命保険相互会社新東館の南隣にある、淀屋橋東京海上日動ビルを地上14階、高さ61.70mのオフィスビルに建替える再開発計画です。


【過去記事】
(仮称)淀屋橋東京海上日動ビル建替工事 12.09








IMG_6641.jpg



前回の撮影から約3ヶ月振りの取材です。解体工事が完了し旧建物は姿を消していました。さらに敷地内に本格的なモックアップが出現していました。












IMG_6615_20130123001601.jpg


【スペック】
名称:(仮称)淀屋橋東京海上日動ビル建替工事
階数:地上14階、塔屋1階、地下2階
高さ:61.70m
構造:S造
主要用途:事務所、店舗
敷地面積:1,586.82m2
建築面積:1,131.04m2
延床面積:16,582.51m2
建築主:(株)三菱地所
設計者:(株)三菱地所設計
施工者:(株)大林組
着工:2012年12月中旬(予定)
竣工:2014年6月末(予定)












IMG_6618.jpg



こちらは南東側から見た、(仮称)淀屋橋東京海上日動ビル建替工事の様子です。解体工事が完了した事で御堂筋まで見通せる様になりました。












IMG_6634.jpg


こちらは(仮称)淀屋橋東京海上日動ビル建替工事の現地から少し南に下った御堂筋東側の様子です。この辺りは新基準で建替えられた新しいビルが5棟連続で並んでおり、新しい基準で統一された御堂筋の姿を垣間みる事が出来ます。御堂筋沿道建築物のまちなみ誘導に関する指導要綱を要約するとこんな感じです。


1、建物は歩道から4mセットバックさせる事
2、1階にはピロティを設け、ショールームやギャラリー等の商業施設を設ける事
3、高さ制限は50m
4、50m地点から御堂筋の反対側に10mセットバックさせる事で、さらに10m以下の範囲で高層化が可能。











IMG_6638.jpg



この辺りで新基準で建替えられたビルは、北側から順番に、三菱UFJ信託銀行大阪ビル、大阪ガス御堂筋東ビル、京阪神不動産御堂筋ビル、御堂筋野村ビル、あおおいニッセイ同和損保御堂筋ビルなどです。新基準の狙い通り、ゆとり在る歩行空間が生み出されています。ただ1つ気になったのが、歩道に面したオープンスペースの床材です。御堂筋の歩道部分は全て同じデザインの床材で統一されています(当然ですが)。対して各ビルが4mセットバックして設けたオープンスペースの床材は、それぞれのビルのデザインに調和する床材が選ばれており、歩行者からか見るとマダラ模様に見えてあまり美しくありません。これは今後の大きな課題になると思いました。



1 COMMENT

BEW

SECRET: 0
PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
ビジネスストリートに、御堂筋はなって欲しいですよね。
最近中之島やうめきたばかりに目が行きがちですが、御堂筋って歩くだけでも何だか優雅な気分になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です