【再都市化ナレッジデータベース】

からくさホテルグランデ新大阪タワーの建設状況 19.06


からくさホテルグランデ新大阪タワー、計画名称(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画は、新大阪駅北西側の高層ビルが立ち並ぶビジネスエリア、淀川区宮原三丁目に計画されている超高層ホテル計画です。新しいビルは地上24階建て、高さ97m、延床約18,000㎡の規模。建築主はSGリアルティ 、客室数は398室となっています。

【出典元】
清水建設>新大阪で施工中の高層ホテルの一部をロボット施工へ
SGリアルティ株式会社>新大阪におけるホテル共同事業について(PDF)
新大阪で2019年11月末開業予定のホテル名称決定 からくさホテルグランデ新大阪タワー

【過去記事】
からくさホテルグランデ新大阪タワーの建設状況 19.05
からくさホテルグランデ新大阪タワーの建設状況 19.02
からくさホテルグランデ新大阪タワーの建設状況 19.01
からくさホテルグランデ新大阪タワーの建設状況 18.11
からくさホテルグランデ新大阪タワーはShimz Smart Siteを適用し一部をロボットが施工する最新工法の実験場!
からくさホテルグランデ新大阪タワー(karaksa hotel grande Shin-Osaka Tower
SGリアルティが計画している(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premierの建設状況 18.07
SGリアルティが計画している(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premierの建設状況 18.05
SGリアルティが計画している(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premierの建設状況 18.03
SGリアルティが計画している(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premierの建設状況 17.10
(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画の状況 17.07
(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画の状況 17.01


 

 

 

 

th_IMG_1150_20170205214016954.jpg 【スペック】
名称:(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premier
計画名称:(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画
所在地大阪市淀川区宮原三丁目3番9、3番10、3番11、3番12
階数:地上24階、塔屋1階、地下2階
高さ:97.00m
構造鉄骨造
杭・基礎 
主用途:ホテル
客室数:——
敷地面積:2,080.24㎡
建築面積:1,200㎡
延床面積:18,500㎡(容積対象面積16,000㎡)
建築主SGリアルティ
設計者清水建設
施工者清水建設
着工:2017年05月
竣工2019年05月(予定)

 

 

 

 

現地の様子です。前回の撮影が2019年05月だったので約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 

ビルの外観はすでに完成しています。

 

 

 

北西側から見た様子です。

 

 

 

低層部の様子です。茶色のアクセントパネル部分が壁面緑化されており驚きました!

 

 

 

西側から見た様子です。

 

 

 

メインエントランス付近の様子です。

 

 

 

公開敷地はかなり広いです。超高層ビルが生み出すゆとりのスペースが都市に潤いを与えています。

 

 

 

メインエントランス、車寄せ付近の様子です。

 

 

 

最後は公開敷地に設置されたロゴマークの様子です。

1 COMMENT

ひでゆき

無機質でおもしろみがない外観だと思っていのに、醸し出す雰囲気が一変しましたね。
できれば電線も地中化してもらいたいわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です