【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

『弁天町駅改良計画』交通科学博物館跡に新駅舎を整備し(仮称)内回りホーム口を新設!大阪・関西万博のアクセス輸送の一環



JR西日本は2022年11月18日付けのニュースリリースで、「2025 年大阪・関西万博」に向けた取り組み として、万博会場へのメイン・アクセスルートとなる大阪メトロ中央線と大阪環状線の乗り換え駅である「弁天町駅」の改良計画を発表しました!

計画では、現在の駅舎の南口改札と北口改札の間に新たな駅舎を整備し改札口を新設。環状線 弁天町駅内回りホーム(3階)と中央線「弁天町駅」改札階を直結する連絡通路を設置して、大阪駅から到着した利用者が、段差なくフラットに乗換可能とする、歩行者導線を実現します。またホームの安全性を向上するため、万博開催までにホーム柵を整備する計画です。

【出展元】
→JR西日本>「2025 年大阪・関西万博」に向けた取り組み ~万博アクセス輸送~
→JR西日本>2022 年 11 月社長会見 

 

 



 

万博期間中は現在の3倍を超える乗り換え客が見込まれていますが、大幅な駅改良により、万博期間中のピーク時間帯においても、乗り換え時の安全性と利便性の向上を図ります。なお、現在の南口・北口改札については、万博期間中は継続して活用し、期間終了後に閉鎖となり、新駅舎・改札口機能集約されます。

新駅舎には、エレベーター2基やエスカレーター上下4基、バリアフリートイレ2ヵ所を設置 し、バリアフリー機能を向上。 来月、12月に工事に着手し、2025年春の万博開幕前に開業する予定です。

 

 


弁天町駅の新駅舎は、京都鉄道博物館に機能移転して閉鎖された『 交通科学博物館』の跡地が活用されます。閉鎖後の跡地は駅前の好立地なので、その活用方法に注目していましたが、まさかの新駅舎整備とは大変驚きました!

 

あわせて読みたい

解体工事が進む交通科学博物館で新幹線0系を発見!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。