【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 18.08


※現地に掲示されていたパネルを撮影しました

(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事は、大阪市中央区淡路町2丁目の堺筋沿いに計画されている高層ビルの建設計画です。新ビルの規模は、地上18階、地下1階、高さ77.9m、延床面積11,178.52m²で、近畿産業信用組合の新本店となる予定です。現在の本店(大阪市天王寺区)は、経営破綻し、同信組が事業譲渡を受けた旧信用組合関西興銀本店で、老朽化のため移転後に売却される事になります。



【過去記事】
→(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 18.06
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 18.02
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 18.01
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 17.09
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 17.07
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 17.01
近畿産業信用組合が淡路町の堺筋沿いに新本店ビルを建設!

 

 
th_IMG_0072_2017080323464869e.jpg
【スペック】
名称:(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事
所在地:大阪市中央区淡路町2丁目1−3(住居表示)
階数:地上18階、地下1階
高さ:77.9m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
杭・基礎 :
主用途:事務所
総戸数:—–
敷地面積:1,134.39 m²
建築面積:656.49 m²
延床面積:11,327.75m² ※容積対象面積:9,858.65㎡
建築主:近畿産業信用組合
設計者:大成建設
施工者:大成建設、長谷工コーポレーションJV
着工:2017年03月(予定)
竣工:2019年01月(予定)

 

 

 

 

 



 

現地の様子です。前回の撮影が2018年06月だったので約2ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 


養生ネットで覆われているため、外装を見る事は出来ませんが既に最後部まで到達してる様子でした。

 

 

 

 

 

 


東側から見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 


南西側から見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


少し離れた場所からみると、外装の一部が姿を表していました!堺筋側はガラスばり、それ以外はシンプルな外装になる様です。

1 Comment

アリー my dear

背面にあたる西側の壁面、こういう感じだったんですね。正面側と比較しても随分と簡素化されてるなと思いました。
それでも、工事も順調に進んで最高部まで到達した模様ですね。良かった(*´-`).。oO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。