【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

【2019年開業予定】コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町が入居する(仮称)大阪本町ホテル計画の状況 18.12



サンフロンティア不動産は、大阪都心部の堺筋本町の駐車場跡地に17階建てのホテルを開発しています。新築工事は2017年12月初旬に着工し2019年7月の完成を予定してますが、同社の株主総会の資料を見ると、ホテルブランドはコートヤード・バイ・ マリオット大阪本町と記載されており、大阪都心部に3件目のマリオットブランドのホテルの進出が明らかになりました。

【出典元】
 19回定時株主総会 株主懇談会 – サンフロンティア不動産

【過去記事】
コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町が入居する(仮称)大阪本町ホテル計画の状況 18.11
コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町〜サンフロンティア不動産が大阪・堺筋本町近くに出店!
三井住友ファイナンス&リースが手がける(仮称)大阪本町ホテル計画の建設状況 18.06

 

 

 

 

 


【スペック】
計画名称:(仮称)大阪本町ホテル計画
所在地大阪市中央区南本町2丁目21番1他(地名地番)
階数:地上17階、地下1階
高さ:64.77m ※軒高59.99m
構造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :
主用途:ホテル、飲食店
客室数:
敷地面積:754.75㎡
建築面積:554.99㎡
延床面積:8,204.77㎡ ※容積対象面積:7,543.34㎡
建築主:三井住友ファイナンス&リース
設計者:久米設計
施工者:奥村組
着工:201712
竣工:201907月(予定)

 

 

 

 



サンフロンティア不動産のホテルは、(仮称)大阪本町ホテル計画の計画名称で大阪市中央区南本町2丁目で建設工事が行われているホテル計画と思われます。建築主三井住友ファイナンス&リース、設計者は久米設計、施工は奥村組が担当。地上17階、高さ64.77m、延床面積8,204.77㎡のビルが建設されます。サンフロンティア不動産が手がけている、17階建てのビル、本町地区の立地、2019年6月頃完成予定、イメージパースの側面形状と建築計画のお知らせの立面図がほぼ一致する事などから、(仮称)大阪本町ホテル計画=コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町で間違いないと思います。

 

 

 

 


縦アングルで見た様子です。

 

 

 

 

 


最後は北東側から見た様子です。

6 Comments

匿名

一極集中の東京が、恐れるぐらい大阪の潜在的な都市力は有ると思われる。

匿名

大阪の観光資源の掘り起こしと、既存の建物をブラシュアップさせて四天王寺を浅草の浅草寺のように観光地にしても良いのでは、

アリー my dear

外資系の高級ホテルは、これからもおそらく新規出店計画があるんじゃないでしょうか?根拠はないですけど、そんな気がします。

匿名

大阪の潜在的な人気が高く観光客は日本国内、世界的にも人気が凄いと思われるので、まだまだ超高級ホテルを含めホテルが足りないのでは?

アリー my dear

それにしても…淀屋橋・北浜〜本町にかけてのエリアは、驚くほどホテルが激増しましたね(°▽°)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。