【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

三井住友ファイナンス&リースが手がける(仮称)大阪本町ホテル計画の建設状況 18.06



(仮称)大阪本町ホテル計画は、大阪市中央区南本町2丁目で建設工事が行われているホテル計画です。建築主三井住友ファイナンス&リース、設計者は久米設計、施工は奥村組が担当。地上17階、高さ64.77m、延床面積8,204.77㎡のビルが建設されます。この場所は長らくコインパーキングとして使われて来ましたが、いつの間にか閉鎖され気がつけばタワークレーンが建ってビルの建設工事がはじまっていました。

 

 

 

 

 

 


【スペック】
計画名称:(仮称)大阪本町ホテル計画
所在地大阪市中央区南本町2丁目21番1他(地名地番)
階数:地上17階、地下1階
高さ:64.77m ※軒高59.99m
構造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :
主用途:ホテル、飲食店
客室数:
敷地面積:754.75㎡
建築面積:554.99㎡
延床面積:8,204.77㎡ ※容積対象面積:7,543.34㎡
建築主:三井住友ファイナンス&リース
設計者:久米設計
施工者:奥村組
着工:201712
竣工:201907月(予定)

 

 

 



現地の様子です。中央大通りの堺筋本町駅近くの立地です。大通りを挟んで南側付近では、旧イトキン大阪本社ビル跡の再開発、東急ステイの建設が行われています。

 

 

 

 


北東側から見た様子です。計画地は南北に細長い形状をしており、板状のビルになります。

 

 

 

 

 

 


最後は北西側から見た様子です。建築主は三井住友ファイナンス&リースですが、ホテルオペレーターが何処になるか?気になる所ですね。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。