【再都市化ナレッジデータベース】

栄の賑わいを周囲に拡大『レイヤード久屋大通パーク』を大きな写真でレポート!(アーバンリゾート・学びの森編)


名古屋市栄地区にある久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)に公園と店舗が一体になった「Hisaya-odori Park(ヒサヤオオドオリパーク)」が2020年9月18日にオープンしました!

レイヤード久屋大通パークは久屋大通公園の南北約1kmをリニューアルし24棟の店舗施設を設置。民間企業が公園と集客施設を、あわせて運営・維持管理を行う「Park-PFI制度」を用いた事業で、同制度を用いた施設としては日本最大級の注目度が非常に高いプロジェクトです。

 

レイヤード久屋大通パーク(RAYARD Hisaya-odori Park)建設工事の状況 20.07【2020年秋オープン】



 

 


特集2回目は、アーバンリゾート・学びの森編です。1回目にご紹介した「ミズベヒロバ」周辺がにぎわいのエリアといった感じですが、テレビ塔の北側のエリアには「公園らしいエリア」が広がっています。

 

 

ZONE2:小径のそぞろ歩きを楽しむ、アーバンリゾートゾーンの様子です。テラスのあるカフェや日常に彩りを添えるレストラン など、6つの個性豊かな飲食店が並んでいます。

 

 

さらに北側にはZONE1:大型芝生広場を擁する学びの森ゾーンがあります。

 

 

テレビ塔を起点に北に向けて歩いて行きます。こちらはZONE3:日常をより豊かにするコミュニケーションゾーンの様子です。

 

 

ZONE2:アーバンリゾートゾーンの様子です。飲食店が並んでいます。

 

 

ZONE2の建物はこんな感じです。

 

 

さらに北側に向けて歩いて行きます。

 

 

 



ZONE2と1を隔てる道路の様子です。大阪梅田のうめきた2期に出来る予定の都市公園は「久屋大通パーク」に近いイメージになるかもしれません。そういった意味で「メチャに参考になるなぁ・・」と思って撮影していました。

ZONE1の様子です。こちらは本格的な芝生公園となっています。

 

 

ビックリしたのがこのテント!無料で使えるみたいで、多くの人々が寝転がって寛いでいました。

 

 

ZONE1からテレビ塔を見た様子です。

 

 

最後は、レイヤード久屋大通パークの北側エリア全体の様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です