MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)新大阪オフィスⅡ計画は2020年12月に着工!JR西日本不動産開発が新大阪エリアで新たなオフィスビルを開発



JR西日本不動産開発は2020年11月27日付けのニュースリリースで、新大阪エリアにおける同社2棟目のオフィス開発(仮称)新大阪オフィスⅡ計画を2020年12月1日着工すると発表しました。 計画地は大阪市淀川区宮原 4 丁目で、新大阪エリアの中でも大型オフィスが集積する宮原エリアに位置しています。新大阪エリアはリニア中央新幹線や北陸新幹線延伸の構想もあり、今後も交通の要所としてますますの発展が見込まれています。同エリアのさらなる拠点性向上、JR西日本グループ中期経営計画に掲げる関西都市圏ブランドの確立に寄与すべく、開発を推進する事になりました。

新ビルは、1フロア約430坪の無柱オフィス空間で、テナント様の多様なオフィスレイアウトに対応。新大阪エリアでも特に充実したBCP対応仕様とすることや、感染症対策として十分な換気量の確保や非 接触対応等の導入を予定しており、テナントが安心して入居出来る施設を目指すとしています。外観は、角度のついた門型フレーム(1階)と開放的なガラスカーテンウォールを使用したシャープなデザインとなっています。

【出展元】
(仮称)新大阪オフィスⅡ計画 着工について
新大阪において大型オフィスビルの開発に着手~1フロア約450坪、2022年春竣工予定~
新大阪における物件の新規取得について~宮原四丁目所在オフィスビルの取得~

 

 


JR西日本グループは新大阪エリアでのオフィスビル開発を積極的に進めています。現在、1棟目となる『(仮称)新大阪オフィス計画』(地上13階、延床面積:25,546㎡が建設中で202202月に竣工する予定です。続いて、隣接地のイーグルボウル跡に2棟目の『新大阪地区事務所ビル』(地上9階、延床面積20039.72㎡)が計画中で20232月の完成予定です。そして3棟目となる(仮称)新大阪オフィスⅡ計画が( 地上8階、延床面積13493.69 ㎡)2022年02月の竣工を目指して、12月に着工します。また、JR西日本不動産開発は、2020227日に同じく宮原四丁目に所在するオフィスビル「大広新大阪ビル」(延床面積15028㎡)を取得しています。JR西日本グループはこのエリアで合計4棟のオフィスビルを展開する事になります。

 

 

 

計画地は202053日に閉店したパチンコ店『KICONA 新大阪店』の跡地


計画名称 (仮称)新大阪オフィスⅡ計画
所在地 大阪府大阪市淀川区宮原4-6-4ほか
交通
階数 地上8階、地下8階
高さ
構造 鉄骨造
杭・基礎 事務所、駐車場
主用途
総戸数
敷地面積  2149.68 ㎡
建築面積 1706.63 ㎡
延床面積 13493.69 ㎡
容積対象面積
建築主 JR西日本不動産開発株式会社
設計者 大和ハウス工業株式会社流通一級建築士事務所
施工者 大和ハウス工業株式会社本店
着工 2020年12月01日
竣工 2022年02月28日
備考
 

JR西日本グループが新大阪に計画しているオフィスビル

 

(仮称)新大阪オフィス計画ーJR西日本不動産開発が計画中のオフィスビルの状況 20.10【2022年2月竣工予定】



 

JR西日本がイーグルボウル跡にオフィスビルを建設!新大阪地区事務所ビル新築他工事の状況 20.10【2023年3月竣工】

1 COMMENT

愛媛銀行跡地をサムティのオフィスビルが9月頃完成していますが、コロナの1Fの商業テナントと恐らく2F以上のオフィステナントも入居していない状況です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です