MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

任天堂 本社第二開発棟(仮称)研究開発機能の強化を目的に地上12階建て、延床約3.8万㎡を計画【2027年12月竣工】



任天堂は2022年4月4月12日付けのニュースリリースで、現在の本社に隣接する市有地を新たに取得し、開発棟「任天堂 本社第二開発棟(仮称)」を建設すると発表しました!今回取得が発表されたのは、京都市が2021年12月8日に公募型プロポーザルにより募集していた市有地で、任天堂が有効活用事業者に選定され取得が決定しました。入札額は50億円です。

同社は、取得した敷地には新たな施設「任天堂 本社第二開発棟(仮称)」を整備。第二開発棟は、研究開発機能の強化を目的とした施設で、新ビルの規模は、地上12階建て、延床面積:約3.8万㎡を計画。2027年12月の竣工を予定しています。

【出展元】
→任天堂>本社隣接市有地の取得について

※Twitterのフォロワーさん、ブログ読者様から情報を頂きました、ありがとうございました!

 

 


任天堂は2021年11月の経営方針説明会で、ゲーム開発体制の強化や、顧客との結び付きを強めるサービスの拡充などに最大4500億円の追加投資を行うと発表し、従来の研究開発や設備への投資に上乗せして体制強化を図る方針を打ち出しました。

主力の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の爆発的ヒットによる潤沢な手元資金を一段の収益基盤強化に振り向け、オンラインストアやスマートフォン向けゲームの利用に必要な「ニンテンドーアカウント」の強化などに最大3000億円を充て、ユーザーの裾野を広げ、ソフト購入の利便性を高める取り組みを進めます。また、ゲーム開発体制の拡充に最大1000億円、ゲーム以外にも最大500億円を投じる計画を進めています。

 

 

 

計画概要

施設名 任天堂 本社第二開発棟(仮称)
所在地:京都市南区上鳥羽鉾立町11番2外5筆
構造:鉄骨造
階数:地上12階

高さ:約72m
用途:研究開発機能
敷地面積:10,028.55㎡(元創業支援工場:3,110.91㎡、元資器材・防災センター西側用地:6,917.64㎡)
延床面積:約38,000㎡
竣工:202712月予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です