【再都市化ナレッジデータベース】

JR西日本がイーグルボウル跡にオフィスビルを建設!地上9階建て延床2万㎡、新大阪地区事務所ビル新築他工事【2023年3月竣工】


新大阪の宮原4丁目にあった「イーグルボウルが」入居していたAZADビル跡の再開発の詳細が判明しました!計画中の新ビルは、地上9階、高さ51.88m、延床面積20039.72㎡の規模で、中規模オフィスが建設されます。建築主・設計者はJR西日本、施工者は未定で、202010月に着工、20232月の完成予定です。

※読者のけんすけ さんから情報を頂きました、ありがとうございました!

 

【再開発の卵】新大阪・イーグルボウル(AZADビル)解体工事の状況 20.01 



 

 


計画名称新大阪地区事務所ビル新築他工事
所在地大阪市淀川区宮原四丁目3番6他(地名地番)
交通JR京都線・御堂筋線 新大阪駅
階数地上9階、棟屋1階
高さ51.88m
構造鉄骨造
杭・基礎
主用途事務所
客室数
敷地面積3051.45㎡
建築面積2241.69㎡
延床面積20039.72㎡
容積対象面積18150.81㎡
建築主JR西日本
設計者JR西日本
施工者未定
着工2020年10月01日(予定)
竣工2023年03月28日(予定)
備考新大阪駅の北西側、宮原にあった「イーグルボウル」が入居していた
AZADビル跡の再開発。計画地のすぐ北側ではJR西日本不動産開発が
地上13階建て、延べ床面積約25.500㎡のオフィスビルを建設している。
新大阪の宮原エリアはJR中央リニア新幹線や北陸新幹線の延伸、
なにわ筋線の建設を見越してデベロッパー各社がオフィスビル用地
の取得に動き出している。


所在地:大阪市淀川区宮原四丁目3番6他(地名地番)

 


新大阪では、野村不動産がミッドサイズオフィスビル「PMO」(地上12階、高さ:60.00m、延床面積:9,662.23)JR西日本不動産開発が(仮称)新大阪オフィス計画(階数:地上13階、高さ:59.9m、延床面積:25,546㎡)を進めており、(仮称)新大阪第5ドイビル計画(地上13階、延べ床1.28万㎡)も始動しました。

今回のイーグルボウル跡(地上9階、延床約2万㎡)が加わると、4カ所の合計約6.8万㎡の床が供給される事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です