MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

新大阪地区事務所ビル新築他工事、JR西日本がイーグルボウル跡に建設中のオフィスビルの状況 21.03【2023年3月竣工】


新大阪の宮原4丁目にあった「イーグルボウルが」入居していたAZADビル跡の再開発が進んでいます。計画中の新ビルは、地上9階、高さ51.88m、延床面積20039.72㎡の規模で、中規模オフィスが建設されます。建築主・設計者はJR西日本、施工者は未定で、202010月に着工、20232月の完成予定です。

新大阪では、野村不動産がミッドサイズオフィスビル「PMO」(地上12階、高さ:60.00m、延床面積:9,662.23)JR西日本不動産開発が(仮称)新大阪オフィス計画(階数:地上13階、高さ:59.9m、延床面積:25,546㎡)を進めており、(仮称)新大阪第5ドイビル計画(地上13階、延べ床1.28万㎡)も始動しました。

今回のイーグルボウル跡(地上9階、延床約2万㎡)が加わると、4カ所の合計約6.8万㎡の床が供給される事になります。

 

 

【再開発の卵】新大阪・イーグルボウル(AZADビル)解体工事の状況 20.01 



 

 


計画名称新大阪地区事務所ビル新築他工事
所在地大阪市淀川区宮原四丁目3番6他(地名地番)
交通JR京都線・御堂筋線 新大阪駅
階数地上9階、棟屋1階
高さ51.88m
構造鉄骨造
杭・基礎
主用途事務所
客室数
敷地面積3051.45㎡
建築面積2241.69㎡
延床面積20039.72㎡
容積対象面積18150.81㎡
建築主JR西日本
設計者JR西日本
施工者未定
着工2020年10月01日(予定)
竣工2023年03月28日(予定)
備考新大阪駅の北西側、宮原にあった「イーグルボウル」が入居していた
AZADビル跡の再開発。計画地のすぐ北側ではJR西日本不動産開発が
地上13階建て、延べ床面積約25.500㎡のオフィスビルを建設している。
新大阪の宮原エリアはJR中央リニア新幹線や北陸新幹線の延伸、
なにわ筋線の建設を見越してデベロッパー各社がオフィスビル用地
の取得に動き出している。


所在地:大阪市淀川区宮原四丁目3番6他(地名地番)

 

2021年3月の様子


現地の様子です。前回の撮影が20121年2月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 


南東側から見た様子です。取材時は場所打ち杭の構築が行われていました。

 

 

 


北西側から見た様子です。

 

 

 


場所打ち杭となる「鉄筋かご」の様子です。

 

 

 

 

 


撮影ポイントを変えてSORA新大阪21 から見た様子です。

 

 


最後は引き気味で見た周辺の様子です。

 

 

2021年2月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年10月だったので、約4ヶ月振りの取材です。

 

 


南東側から見た様子です。重機が投入され本格的な工事が始まっています。

 

 

 


北東側から見た様子です。

 

 

 

 


撮影ポイントを変えてSORA新大阪21 から見た様子です。山留め工事が行われていました。

 

 


最後は引き気味で見た周辺の様子です。

 

 

 

2020年10月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2020年8月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 

 

 


SORA新大阪21ビルから見た現地の様子です。背の高い仮囲いに囲まれており、内部は更地になっています。10月の着工予定でしたが10月末時点では未着工でした。

 

 


南側から見た様子です。

 

 

 


北西側から見た様子です。建築計画のお知らせが撤去されているのが気になりました。ただ、ゲートの左側に作業工程表を表示するディスプレイが設置されているので着工間近なのは間違いなさそうです。

 

 

 


最後は北東側から見た様子です。

 

 

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です