MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

JR福山駅前 CASPA(キャスパ)跡地再開発『福山市三之丸町1番地区再生事業』【2023年度竣工予定】



 

2012年1月31日に閉館したJR福山駅前の大型商業ビル「CASPA(キャスパ)」跡地の再開発、『福山市三之丸町1番地区再生事業』が進んでいます。

トモテツグループ、あなぶきグループ、キョーエイグループ」の3者は、キャスパ跡地などに、北棟(地上22階、事務所・マンション)、中棟(地上10階、事務所)、南棟(地上13階、ホテル)を新設します。20197月に既存建物の解体工事に着手し、 2023年度に完成する予定です。総事業費は約110億円を見込んでおり、一部は国と広島県、福山市からの補助金が充てられます。

【出展元】
三之丸町地区優良建築物等整備事業
福山駅周辺デザイン計画

 

 

 


計画名称 三之丸町地区優良建築物等整備事業
所在地 広島県福山市三之丸町1番地ほか
交通 JR「福山」駅
階数 北棟:地上22階、地下1階  中棟:地上10階  南棟:地上13階、地下1階
高さ 99.90m※軒高
構造 鉄筋コンクリート造
杭・基礎
主用途 商業、事務所、ホテル、マンション等
総戸数
敷地面積 3,284㎡
建築面積
延床面積 約28,500㎡
容積対象面積
建築主 トモテツグループ、あなぶきグループ、キョーエイグループ
設計者
施工者 未定
着工 2019年7月(2019年度は除去工事、基本設計など)
竣工 2023年度予定
開業
備考

福山駅周辺デザイン計画から引用させてもらった、公共用通路のイメージです。三之丸町地区(旧キャスパ等跡地)では官民が連携して福山市の玄関口にふさわしい魅力とにぎわいの創出を図り、駅周辺のエリア価値を向上させます。 歩いて楽しい空間づくりの観点から、敷地内に公共用通路を整備し、駅から三之丸町や西町 への回遊性を生み出す計画です。

 

 


最後はアイネスフクヤマ付近から駅方面を見たイメージです。

 

アイネスフクヤマ(ines FUKUYAMA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です