【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

シティタワー広島(BIG FRONT ひろしま)は高さ197.50mを誇る中四国・九州エリアで一番高いビル!



シティタワー広島(BIG FRONT ひろしま)は、広島市南区松原町の広島駅前に所在する、地上52階建て、高さ197.5m、延床面積125,472.92㎡のタワーマンションと商業施設で構成された複合用途の超高層ビルです。

建築主は広島駅南口Bブロック市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産、ビックカメラ)、設計はアール・アイ・エー、施工は前田建設工業が担当。2013年03月に着工し、 2016年08月に竣工しました。公共施設管理者負担金を含む総事業費は約391億円でした。

【出展元】
→広島市>広島駅南口Bブロック市街地再開発組合
→住友不動産>地上 52 階建て、中四国・九州エリア最高層※免震タワーマンション 「シティタワー広島」登場
アール・アイ・エー 広島駅南地区B・Cブロック再開発

 

 


出展:アール・アイ・エー 広島駅南地区B・Cブロック再開発

広島駅南口駅前広場と猿猴川に挟まれた、広島市南区松原町・猿猴橋町・荒神町の一帯は、戦後復興時に建設された老朽木造低層家屋が密集し、土地利用状況も細分化され、都市機能上・都市景観上の整備が十分図られていない状況となっていました。

 

 


出展:アール・アイ・エー 広島駅南地区B・Cブロック再開発

これを受けて、1981年3月に広島駅表口周辺地区市街地再開発事業基本計画が立案され、この一帯をA.B.Cの3ブロックに分けて市街地再開発事業を計画、各ブロックでは地権者が中心となって市街地再開発組合が結成され、これらが事業主体となって再開発が行われました。

Aブロック:エールエールA館 1999年3月竣工
Bブロック:シティタワー広島(商業施設:BIG FRONTひろしま)2016年8月竣工
Cブロック:グランクロスタワー広島(商業施設:EKICITY HIROSHIMA)2017年1月竣工

 

中国地方で一番高いビル



シティタワー広島(BIG FRONT ひろしま)は、広島駅の再開発「広島駅南口Bブロック第一種市街地再開発事業」により建設された超高層複合ビルです。再開発街区は「西棟」と「東棟」の2棟から成る複合施設で、住宅、商業施設、事務所、駐車場等で構成されています。

 

 



西棟は地上52階、高さ197.50mを誇る中国地方で一番高いビルで、分譲マンション「シティタワー広島」のほか「ビッグカメラ」などの商業店舗、ホテル、公益施設が入居。東棟は、地上10階、46.79mで、駐車場、「ナショナル会館(パチンコ店)」が配置されています。

 

 


縦アングルで見た様子です。最高高さが200m近いので、120m程度のタワーマンションなどに比べると、異次元の高さを感じる事が出来ます。

 

 



低層部の様子です。 西棟(写真左)の低層部には「ビックカメラ」が入居、東棟(写真右)には、交通至便な駅前に大型の立体駐車場が設けられました。

 

 


西側から見た様子です。住友不動産のシティタワーらしい、四隅にパノラミックウィンドウを配したオフィスビルの様な外観が特徴的です。

 


北西側から見た様子です。

 


北側から見た様子です。棟屋のデザインが南北で異なっています。

 

 


北東側から見た様子です。写真左側が東棟で、「ナショナル会館(パチンコ店)」が入居しています。

 

 



 

シティタワー広島(BIG FRONT ひろしま)は、建物の不燃化と土地の高度利用により社会インフラを更新させるとともに、公益施設の集積、都心居住の推進、防災性の向上を図り、広島の陸の玄関に相応しい都市機能と街並みに更新し、駅周辺地区の活力とにぎわいの創出により地区の再生を目指して開発されました。

また、駅前街区に広島市総合福祉センターやクリニックモールの福祉・医療・子育て等の公益施設を立体的に集積することで、地域の利用者の利便性の向上と世代を問わない交流人口を増やし、地域のコミュニティ形成に貢献、同時に公共サービス面の効率化を目指しました。

そして、これらの理想を実現する為、公益施設と分譲住宅、商業店舗の一体再開発プロジェクトを計画し、高い需要が見込める「タワーマンション」を主体として床面積を捌き、これを原資として財政負担を最小限に抑える事で、より実現可能な計画としています。

その結果、利便性の高い広島駅前にパーク&ライドによる車社会と電車利用の接合点を生み出し、医療や福祉等の公益施設を集約。サスティナブルな医療・福祉を都市に再構築した「多用途な重層コンパクトシティ」が完成しました。

 

計画概要

名称:シティタワー広島(BIG FRONT ひろしま)
計画名称:広島駅南口Bブロック第一種市街地再開発事業
所在地:広島県広島市南区松原町5−2
交通:JR山陽本線「広島」駅徒歩3分、広島電鉄本線「広島駅」電停徒歩4分
階数:(西棟)地上52階、地下2階 (東棟)地上10階、地下1階
高さ:(西棟)197.5m (東棟)46.79m
構造:(西棟)RC造、一部S造・SRC造、(東棟)S造、一部SRC造
主用途:(西棟)住宅、店舗、事務所、公共施設、ホテル、(東棟)店舗、駐車場、駐輪場
総戸数:513戸(非分譲住戸42戸含む)
敷地面積:8,362.47㎡
建築面積:7,517.82㎡
延床面積:125,472.92㎡(西棟:89,727.15㎡、東棟:35,745.77㎡)
建築主:広島駅南口Bブロック市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産、ビックカメラ)
設計者:アール・アイ・エー
施工者:前田建設工業
着工:2013年03月
竣工:2016年08月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。