MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

大阪IRの応募はMGM・オリックス連合1社のみ。トップランナーの横綱相撲状態に

出典:MGM Resorts International

報道各社が伝える所によると、大阪府市がベイエリアの夢洲への誘致を目指してるIRの公募に応じた事業社がMGM・オリックス連合の1社に留まったとの事です。唯一のパートナー候補として主導権を事業者側に握られかねない懸念や、「できレース」との指摘を受ける恐れがあるとしています。 大阪IRについては、大阪ファーストを掲げ、大阪一本で突き進んできたMGMが他社に比べ相当先行している状況でした。  


 

大阪府・市が大阪IR設置運営事業者の公募を開始2020年6月にも事業者が決定


th_IMG_4397.jpg
大阪;夢洲のIR建設予定地の様子

日本MGMリゾーツは、大阪でのIR誘致活動を積極的に進めており、早々に「大阪ファースト」宣言を表明するなど、その動きはライバルを上回る熱意のあるものでした。同社は大阪での活動はすでに6年が経ち、さまざまなイベントの参加・協賛を通じて、豊かな文化や歴史、ビジネスコミュニティの強さを実感してきました。また、大阪の万博誘致成功のお祝いとして、ラスベガスの統合型リゾートベラージオに大阪城の巨大なレプリカを作り、訪問者に大阪をアピールを行うなど積極性が際立っていました。

 

 

 

出典:MGM Resorts International

MGMは大阪IR参入に向けて、オリックスと包括提携し、MGMがカジノ運営、オリックスは施設建設や資金調達、地元企業との協業などを担う枠組みを構築しています。大阪府・市は、日本最大の複合MICE施設と観光の送迎口となる機能を持ったIRの誘致を目指しており、MGMが描くMICEの形と観光拠点化のイメージからは、元の要望を最大限に取り入れ、選定を勝ち取ろうとする姿勢がうかがえます。

 

 

 


出典:MGM Resorts International

今回、1社しか応募が無かった為、事業者間の競争原理が働きにくくなり、大阪府市にとっては交渉面で不安が残る結果となりました。

「横浜がIRに手を上げて大阪がそっぽを向かれた」との報道が目立ちますが、僕はそうは思っていません。以前にも書きましたが、MGM・オリックス連合のこれまでの取り組み、根回しが、他社に比べて先行しすぎており、合他社の勝ち目が無くなった為に、まだチャンスがあると思われる横浜に流れた、これが真相でしょう。

そもそも関東圏のIRに対する動きの遅さに業を煮やした、元々は東京狙いのサンズが、突然「大阪に参入する」宣言を行い政府に揺さぶりをかけて、焦った中央が慌てて横浜に手をあげさせた。そんな状況です。大阪はMGMで決まっているからサンズは参入出来ない。関東圏のIRを早く進めろと・・・。

しかし、数回の選挙を経て大筋で民意を得ている大阪IRとは異なり、横浜は住民から選挙を通じた信任を得ておらず、明らかな準備不足で事業を進めようとしており、非常におぼつかない状況です。

大阪IRとMGMの話に戻りますが、MGM側も1社になったから突然、無理難題を府市に要求する様なヘマはせず、粛々と選定プロセスを進め、世界最大のIRオペレーターであるMGMが大阪IRを勝ち取り、夢洲に世界最大級のIRが誕生する事になると思います。

16 COMMENTS

大阪都民

結局、一社しか残らなかってから事業者に有利な条件で進むとか書いている連中はどこぞの自称カジノ専門家(笑)と同じで勉強不足というわけですね。
ここまで大阪IRに時間と金を費やしてきたMGMとオリックスがそれらを白紙にするような愚行をすることはないし、するくらいならもっと前に撤退してる。

ポチ

福島区民さん
そうなんですね。それはひと安心
ありがとうございます

福島区民

ポチさん
>特に地下鉄中央線延伸工事費負担が前任者の口約束は

この件については今回のRFPに関して大阪府市が条件として提示していますので口約束などではありません。

ポチ

このタイミングでCEO辞任は、穿った見方すればこれまでの口約束は白紙のシグナルの可能性が。。特に地下鉄中央線延伸工事費負担が
前任者の口約束は何の担保にもならないので、それは早急に詰めた方がよろしいかと

ペペロンチーノ

MGMは京都の南座の歌舞伎にまでスポンサー出してましたし、独走状態になるのは納得ですが、結果的に国内コンペでマイナスにみられないかが少し心配です。

Akira

2020年6月に事業者が決まりますね。
新たにダイヤモンド・プリンス号に乗船している乗客から新型肺炎の感染者が増え、総454人が感染。
政府はなぜダイヤモンド・プリンス号に対して横浜港、日本の港に入港拒の連絡しなかったのか。
政府の誰が横浜港に入港、停泊許可を出したのか調べるべきです。
政府は沖縄に入港予定のウエステルダム号の入港拒否を連絡したため、日本の港には入港できず、他のアジアの港に入港したのですが新型肺炎の患者が見つかったようです。
新型肺炎を治療できる薬が開発されるまでは、全てのクルーズ船を拒否すべきです。
ダイヤモンド・プリンス号に乗船のアメリカ人、オーストラリア人は、自国民の救助の為にチャーター機でアメリカ、オーストラリアに移動させますね。
アメリカ、オーストラリアで新型肺炎に感染しているかどうか調べるようです。
政府の新型肺炎の対応が非常に悪く遅いですね。

T,K

福島区民さん
CEO辞任の報道はみましたが、大阪IRへの尽力を示唆する発言が見つかりませんでした。
どこかにソースはありませんか?

淀屋

三刀流さんの投稿の通りですね。
韓国はほとんど感染者が増えない、詳しいことは知らないが、良い点は検査体制を早く改善して一日10000件検査できるようにしたことである。残念ながら日本は300件しかできないため、いかに検査を制限をするかが政策となりクルーズ船のように第二の武漢を作る失策を起こした。
総理は掛け声だけは勇ましく発表するが中身はなく肝心の検査体制は大して改善されない。
おそらく国立感染研究所が既得権を手放さないのか。
電話相談にしても直接厚生省へもある。
いわばトップ、民間企業で言えば経営者が企画から指導だけでなく、監督から実践までやっている。
中央が地方自治体を超えて国民を直接統治しているので、中央の人員に制限があるから、やることに制限がかかる。やらねばないことに対して全てやる体制を組むのが普通なのに。
専門者会議にしても官僚を斟酌して発言するので思い切った施策は出ない。
感染者の行動にしても中国はGPSで把握するがそんなシステムではない。※人権問題があるが。
何もできないのに全部を把握している振りをしているのが今の中央集権国家。大変だわな。
IRに関しても中央は全く権限を手放さない、地方の意向など全く無視して遅れる一方、大阪なんかは被害者、東京一極集中は進むだけだわな。

三刀流

サジャさんの書かれている通り、新型コロナウイルスへの政府の危機管理はなっていないです。16日になって初めて専門家会議を開き、17日にやっと受診目安を公表するとは遅すぎます。これだけ中国人が入国しておれば水際作戦だけでは防げないのは最初から分かっているはずなのに、後手後手に回っています。このままでは東京五輪もどうなるか分かりません。これが大阪関西万博の年でなくてよかったです。この世界的な災難を逆手にとって、新たな感染症対策を万博のテーマにすればよいと思います。

大阪都民

自分も最終的にはMGM・オリックス連合がここにきて府市の条件を拒む行為や自身に有利な条件を突き付ける可能性は低いと思います。
MGMなんてベガスの資産を売却してまで大阪IRに準備しているのに下手な行為をすると頓挫して再度やり直しとかにも成りかねないですからね。
関東圏はサンズが有力ですし、交渉が失敗した場合横浜オンリー宣言をしながら依然大阪にも事務所を置いているメルコが参入してくる可能性もある。
それでは、本末転倒。
手堅く進めるために府市の条件に従うでしょう。

淀屋

ホゾを欠くでなく  ホゾをかむ  の間違いです。

淀屋

MGMとしてはマカオ事業でサンズに遅れた失敗を二度としたくない思いで大阪に絞り、早々にオリックスと手を組んで他社を圧倒した。府市との交渉でそれを壊すような無茶な交渉はしないと思います。
オリックスにしても大阪での地盤が圧倒的になり、阪急阪神グループを凌ぐほどです。
不動産社長を責任者にして開業後も巨額の金を投資する覚悟で臨んでいます。

サンズと政府との関係さすがの分析です。しかし横浜にしろ東京にしろ簡単でなく大阪から逃げたカジノ各社はホゾを欠く結果になるでしょう。
心配は政府の規制が強く、アジア他地域に比べ魅力に欠けるIRになる可能性が高いという点でしょう。

サジャ

新型コロナの対応も政府主導では結局大失敗でしたよね。
IRも結局そうなるのではと危惧しています。コロナの対応と同じく地方で勝手に出来たら良いのですが。もう政府のやり方にはうんざり。

福島区民

大阪府からこの件についての発表の少し前にMGMリゾーツ・インターナショナル会長兼CEOのジム・ムーレン氏は任期待たずして辞任を表明しました。そして大阪IRが実現したなら自ら大阪IRに尽力することを示唆したということです。凄いですね。

某京都府民

仮にMGM・オリックス連合が辞退するとしても、再募集すれば他社が応募するだけの人気は十二分にあるでしょう。

ただ注意すべき点として、大阪府市としては、万博との相乗効果を狙っているため、IRを急いで造りたいという思いもあるでしょう。その点において、事業者側から足元を見られないように上手く交渉する必要はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です