ヨドバシ梅田の新ビル都市計画開始 容積率1250%、最高限度150mで2013年度にも着工の見通し!

 IMG_2664.jpg

建築新聞の電子板によると、大阪・梅田で、ヨドバシカメラの「マルチメディア梅田」(大阪市北区)北側に計画する大型複合商業施設の建設が2013年度にも着工の見通しとなったそうです。大阪市は2012年9月28日この計画に関連する都市計画案「都市再生特別地区の変更」と地区計画原案「大阪鉄道管理局舎跡地地区地区計画」の変更について、公衆縦覧及び意見書を受け付けを開始しています。これらの情報を合わせると、ヨドバシ梅田の新ビルは容積率は1250%、高さは150m弱となり、同地区の再開発のアウトラインが判明してきました。

※福島区民さん、メール等で他の複数の読者さんから情報を頂いていました。ありがとうございました<(_ _)>
002_20121004104757.jpg



大阪市の公開資料から引用させて頂いた、壁面位置の高さ制限の一覧図です。図面から読み取ると、ビルの大きさは大体ですが東西105m、南北42mで敷地の北西寄りに建てられます。高層部の最高限度は150mなので、ヨドバシ梅田の新ビルは最高限度よりも若干低い、高さ145m程度の高層ビルになると思います。



---------------------------------------------
1、高層部        150m
2、中層部(1)    90m
3、中層部(2) 70m
4、低層部(1) 30m
5、低層部(2) 15m
---------------------------------------------


さらに注目されるのが、ヨドバシ梅田の外周を取り囲む様に設置される立体歩行者通路です。この通路はノースゲートビルディングやグランフロント大阪とデッキで直結されます。このペデストリアンデッキにより、ヨドバシ梅田が大阪駅北地区の歩行者導線の中心となる事は確実で、ヨドバシ梅田の最高・最強の立地は、将来に渡って盤石な物になりそうです。











003_20121004104757.jpg
【出典元】
→大阪市HP 都市計画案・地区計画原案の公衆縦覧及び意見書の受付を実施します



1階レベルの配置図を見ると、敷地北部に交通広場が設けられ、観光バス発着スペース3台が整備される様です。ここからは想像ですが、このバスの発着場は新阪急ホテルにあるリムジンバス乗り場が移転してくるという意味ではないでしょうか?もしそうであれば、ヨドバシ梅田の商業施設には新阪急ホテルが移転してくる事になり、同ホテル跡地の再開発がドミノ倒しで行われる可能性が高くなると思います。












IMG_2852.jpg


いよいよ動き始めたヨドバシ梅田の新商業施設。各種情報を合わせて考えると、高さ150m弱の超高層ビルが建設されるのは確実だと思います。ヨドバシ梅田の外周を取り巻く様に設置されるペデストリアンデッキは、大阪駅北地区の回遊性を革命的に高める事になる事になりそうです。計画の詳細発表が待ち遠しいですね!

関連記事




[ 2012/10/04 12:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(5)

すみません。
元はこれです。

『 大阪駅周辺・中之島・御堂筋周辺地域 - 都市再生本部 』PDF

11ページ目
http://www.toshisaisei.go.jp/04toushi/pdf01/38osakaeki/p-osakaeki.pdf
[ 2013/11/07 22:40 ] [ 編集 ]

ヨドバシ梅田2期

ヨドバシ梅田2期完成予想図でました!

http://dl6.getuploader.com/g/llll/76/YodobasiUmeda-saikaihatu.JPG
[ 2013/11/07 22:17 ] [ 編集 ]

新情報

【開発】梅田で150mの複合ビルを建設、ヨドバシカメラ
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/nfm/news/20130215/603090/

>高さ90mの商業施設を基壇部に、その上部はホテルとする。

>2013年秋の着工、2016年春の完成を見込む。

>新ビルとヨドバシ梅田は完全に一体化させるのではなく、低層階を部分的に接続する。
[ 2013/02/16 07:54 ] [ 編集 ]

ヨドバシ梅田

ヨドバシ新ビル、高さ150m…容積率緩和

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20130213-OYO1T00779.htm

 大阪市の都市計画審議会は13日、ヨドバシカメラ梅田店(大阪市北区)が北側に建設する新ビルの容積率を緩和することを決め、新たに高さ150メートルの超高層ビルが梅田中心部に建つことになった。新旧ビルの2階周辺部分に歩行者用デッキを整備することが緩和の条件で、歩行者デッキはJR大阪駅や4月開業の「うめきた」とつながる。梅田一帯を結ぶ歩行者用の「空中回廊」の一部となる。

 新ビルとデッキの総事業費は約500億円で、今春にも着工し、2015年に完成の予定だ。

 都計審は新ビルを都市の再生を目指す法律に基づく「都市再生特別地区」に指定し、建物の高さを決める容積率を600%から1250%に緩めた。ヨドバシカメラは駐車場として利用している約7000平方メートルの敷地に、高さ90メートルと150メートルの2層式の超高層ビルを建てる。既存のビル(高さ70メートル)を含めて3段階の高さのビルがつながる。

 新ビルには店舗やホテル、オフィスが入居するほか、会議場や広場などのスペースも作る。災害時用の避難場所には食料や水なども備蓄し、帰宅困難者が利用できるようにする。観光バス発着所も新設し、観光客を誘致する拠点とする。

(2013年2月13日 読売新聞)
[ 2013/02/13 15:17 ] [ 編集 ]

こんにちは。
立体歩行者通路の情報が気になりますね。
グランフロントと地下で繋がって欲しいですが無理でしょうか。
そういえば昔、ヨドバシ駐車場に新阪急が移転してくるという噂がありましたね。
1000億円で落札したヨドバシは先見の明があった、と将来は言われるようになるんでしょうかね。
そうなるよう梅田には発展してもらいたいです。
[ 2012/10/05 10:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/1633-cf1330fd