国家公務員宿舎 東雲住宅

 IMG_7662.jpg

公務員宿舎 東雲住宅は、東京都江東区東雲1丁目に建設された、地上36階建て、高さ115m、総戸数900戸の タワーマンション型の公務員宿舎です。入居開始直前に発生した東日本大震災および福島第一原子力発電所事故に伴い、予定されていた職員の入居を停止し、被災者を受け入れる避難住宅として機能しています。東雲キャナルコートでの大規模な再開発の一環としてPFI事業方式により建築されました。事業費総額は約1416000万円です。










IMG_7661_201310022309185e4.jpg


【スペック】
名称:国家公務員宿舎 東雲住宅
所在地:東京都江東区東雲1丁目1番9外
階数:地上36階、地下0階
高さ:115.00m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
杭・基礎 :杭基礎
主用途:共同住宅(分譲)
総戸数:900戸(独身用500戸、単身用150戸、世帯用250戸)
敷地面積:7,379.65m²
建築面積:3,660.16m²
延床面積:51,606.10m²
建築主:東雲NEXT(株)
設計者:清水建設、日建設計
施工者:水建設設
着工:2009年01月
竣工:2011年01月










IMG_7645_201310022309156cb.jpg



西側から見た、国家公務員宿舎 東雲住宅の様子です。













IMG_7478.jpg


国家公務員宿舎 東雲住宅の夕景です。











IMG_7405.jpg



東雲運河越しに見た国家公務員宿舎 東雲住宅の様子です。












IMG_7400.jpg


最後は、引き気味のアングルで東雲運河越しに見た、東雲エリアのタワーマンション群をパチリ。

関連記事
[ 2013/10/24 12:00 ] 東京23区 江東区 | TB(0) | CM(3)

そうはいっても、公務員は非常時にも出勤しなくてはならないという事情もあるし、先進諸国では本来は誰もがUR住宅くらい集合住宅団地に賃貸で入れるよう整備されているのです。日本の都市整備政策はそういう意味ではかなり貧困といえます。
5枚目の画像にあるような中層の集合住宅と、在来の常緑樹の防風林の組み合わせなら、標準的な費用で安全で健康な都市環境を整備できる(はず)なのです。
現にシンガポールではそういった環境に皆住んでいて、狭い島でもそれなりに風通しの良い計画的な町並みができあがっています。
[ 2015/10/22 19:53 ] [ 編集 ]

立地も建物も最高ですね。
家賃はどれくらいするんでしょう??
[ 2013/10/25 18:05 ] [ 編集 ]

無駄な税金の使い方よい例ですね
民間の賃貸に住まわせるべきです。
民間人は給与が多い少ない関係なく皆そうしています。
血税を使い豪華なタワーマンションに公務員を住まわせる余裕は今の日本にはないはずです
[ 2013/10/24 18:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2031-b108f6c4