【再都市化ナレッジデータベース】

ジオタワー天六 11.04



ジオタワー天六は天六阪急ビルを解体し、地上44階、地下1階、高さ約155mのタワーマンションを建設する再開発計画です。昨年11月以来の取材でしたが、現地で長らく行われていた解体工事が完了しタワー本体の工事が始まっていました。


【過去記事】
→阪急天六ビル建替計画 10.11
→阪急天六ビル建替工事 10.07
→天六阪急ビル跡地開発 10.03
→天六阪急ビル跡地開発
■追跡取材リスト






IMG_4283.jpg

現地に掲示されていた完成イメージパースです。低層部分は天六阪急ビルのデザインをイメージしている気がします。ジオタワー天六の高さ155mは近くに建つシティタワー大阪天満と同じで、シティタワー大阪天満をスリムにした感じのビルになりそうです。


【スペック】
名称:ジオタワー天六
階数:地上44階、地下1階
高さ:155.5m
総戸数 392戸
敷地面積:4,455.20m2
建築面積:2,611.87m2
延床面積:49,829.98m2
竣工:2013年8月(予定1)







IMG_4289.jpg


別の角度から見た現地の様子です。すでに重機が入っておりゴゴゴゴオオオ~~~と唸りを上げていました。ジオタワー天六は、OSAKAフクシマタワーと同じく、梅田のビル街から少し離れて建つ立地と、在る程度の高さと規模が在る為、既存のスカイラインを大きく広げる視覚的な効果が期待されるプロジェクトだと思います。









IMG_4293.jpg

最後が開いていたゲートから内部をパチり。建設地はかなり広いです。ジオタワー天六は延べ床面積が5万平米近くの規模なので、完成すると周辺の景観は一変する事になりそうです。



1 COMMENT

アイラブオオサカー

SECRET: 0
PASS: aa98a85119ba51551b31513da7cfdbfa
ここの現場も工事が始まっていたのですね。

それにしても、このタワーマンションの完成予想図がいいですねぇ。
スリムで実際の高さより大きく見えます。

梅田・中之島を中心に、東西に広がりをみせる超高層ビル群‥完成が楽しみです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です