【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)西区江戸堀一丁目計画 京阪不動産が江戸堀にタワーマンションを建設!【2024年3月竣工】



またまた、新たなタワーマンションの建設計画が浮上しました!京阪不動産は、江戸堀にあった結婚式場「アスタープレイス」跡にタワーマンションを建設します。新ビルは、地上34階建て、高さ118m、延床面積2万㎡の規模で、2021年1月に着工し、2024年3月に竣工する予定です。

※読者のスルタンさんから写真を送っていただきました、ありがとうございました!

 

 



計画名称(仮称)西区江戸堀一丁目計画
所在地大阪府大阪市西区江戸堀1丁目31番2、31番8,31番14
交通
階数地上34階、地下0階
高さ118.75m
構造鉄筋コンクリート造
杭・基礎
主用途共同住宅
敷地面積1989.37㎡
建築面積924.49㎡
延床面積20518.47㎡
容積対象面積13908.89㎡
建築主京阪不動産
設計者IAOプランニング&デザイン
施工者未定
着工2021年01月上旬(予定)
竣工2024年03月下旬(予定)
入居
備考江戸堀にあった結婚式場アスタープレイス跡の再開発。建築主は京阪不動産で地上34階建て、延床面積2万㎡のタワーマンションを建設する。ビジネスセンターとして業務機能が集積する肥後橋エリアに隣接しており職住近接の物件として人気を集めそう。北側の眺望は関電ビルなど超高層ビル群が目の前に迫る眺めになる。

 

建築計画のお知らせに掲載されていた立面図です。東西約28.8m、南北約23.4mのスリムなタワーマンションとなります。

 

 

 


最後は北東側から見た様子です。大阪都心部では他にも複数でタワーマンションの計画が噂されています。次はあの場所が来るかもしれませんね。

1 COMMENT

ぽり

ニューヨークのアスター家(アメリカ最初の貴族)のプライベートチャペルにあったティファニーステンドグラスを入手したことからアスタープレイスと名付けられましたが、ステンドグラスはどこに行ったのでしょうか?

文化財の谷6石井歯科も解体されるようでご自由に備品などお持ち帰り下さいとの事で某国受信料搾取団体に取られてしまいました。酒井一光さんがご存命なら歴博が譲り受けてただろうと思うと残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です