MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)大阪市天王寺区茶臼山計画の状況 21.07 住友不動産のタワマン【2023年3月竣工】


住友不動産は、大阪市天王寺区茶臼山町にあるコインパーキング「One Park 茶臼山町」付近にワーマンションを計画しています。計画名称は(仮称)大阪市天王寺区茶臼山町計画。構造規模はRC造一部S造の25階建て、高さは86.5m、敷地面積2196.94㎡、建築面積約800㎡、延べ床面積は約17,000㎡ です。
設計は西松建設・INA新建築研究所設計JV、施工は西松建設が担当します。事業期間は2020年10月1日~2023年3月31日を予定しています。
アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!



 

【物件概要】
計画名称:(仮称)大阪市天王寺区茶臼山計画
所在地:大阪市天王寺区茶臼山街64-2(地名地番)
階数:地上25階、塔屋1階、地下0階
高さ:約86.5m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
杭・基礎 :
主用途:共同住宅(分譲)
総戸数:ーー
敷地面積:2,196.94㎡
建築面積:約800㎡
延床面積:約17,000㎡
容積対象面積:約12,500㎡
建築主:住友不動産
設計者:西松建設・INA新建築研究所 設計監理共同企業体
施工者:西松建設
着工:2020年10月(予定)
竣工:202303月末(予定)

所在地:大阪市天王寺区茶臼山街64-2(地名地番)
 

2021年7月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年3月だったので、約4ヶ月振りの取材です。

 

 


久しぶりに現地を訪れてみるとタワークレーン1基が姿を現して居ました!

 

 

 


西側から見た様子です。

 

 

 


ハイアングルで見た内部の様子です。

 

 


撮影ポイントを変えてハルカスから見た現地の様子です。地下躯体の構築がかなり進んでいます。

 

 

 


最後は計画地周辺の様子です。

 

 

2021年3月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年1月だったので、約3ヶ月振りの取材です。

 


東側から見た様子です。

 

 


南東側から見た様子です。

 

 

 


敷地外からハイアングルで見た内部の様子です。取材時には掘削工事が行われていました。

 

 


最後は引きで見た敷地全体の様子です。

 

2021年1月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2020年10月だったので、約3ヶ月振りの取材です。

 

 

 


現地に掲示されていた作業工程です。今週は杭工事が行われていました。

 

 

 

 


南東側から見た様子です。

 

 


北東側から見た様子です。あべのハルカスとの位置関係はこんな感じです。

 

 


最後は西側から見た様子です。敷地の西側はラブホ街の真っ只中

 

 

 

 

2020年10月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年5月だったので、約5ヶ月振りの取材です。

 

 


南東側から見た様子です。

 



ハイアングルで見た内部の様子です。コインパーキングは閉鎖され背の高い仮囲いが設置されました。

 

 

 


敷地の北東角ではボーリング調査が行われていました。本格着工間近といった所でしょうか?

 

 


最後は西側から見た様子です。

 

 

1 2

7 COMMENTS

koko

周辺環境が雑多すぎるのでシティタワーのブランド名でしか売れなさそう。

アリー my dear

梅田三丁目計画に続いて、こちらもタワークレーンが登場しましたね(^_^)

SH

建設現場の隣のマンションに書いてある肛門科の文字のインパクトが強烈ですね(笑)

再都市化大ファン

茶臼山は天王寺公園に隣接していてホテル街がなければ最高の住宅街になれるのに!といつも思っています。

アリー my dear

こちらも無事に着工してなによりです(^.^)

アリー my dear

こんばんは! 早速現地へ行かれたのですね(^-^)
「建築計画のお知らせ」も掲示されてましたか、ありがとうございます(╹◡╹)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です