【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)新大阪阪急ビル 11.11





(仮称)新大阪阪急ビルは、 新大阪駅新幹線ホームの北側に建設される複合ビルで、阪急が展開する宿泊特化型の高級ビジネスホテル「remm」、オフィス、店舗等で構成される駅ビルで す。新幹線ホームの増設のプロジェクトに合わせて建設が進められています。


【過去記事】
(仮称)新大阪阪急ビル 11.08
(仮称)新大阪阪急ビル 11.06
(仮称)新大阪阪急ビル 11.04
→(仮称)新大阪阪急ビル 11.03

→新大阪駅拡張工事 11.02
→新大阪駅拡張工事 10.12
→新大阪駅拡張工事 10.09
→新大阪駅拡張工事 10.07
→remm(レム)新大阪
■追跡取材リスト









IMG_3870_20111109232624.jpg

【スペック】
名称:(仮称)新大阪阪急ビル
階数:地上17階、地下なし
高さ:79.68m
敷地面積:4,150.49m2
建築面積:3,169.32m2
延床面積:35,672.37m2
竣工:2012年7月31日(予定)















IMG_3909_20111109232623.jpg



続いて西側から見た、(仮称)新大阪阪急ビルの様子です。













IMG_3918_20111109232623.jpg

セットバックしている北側をアップで。3基横並びのタワークレーンは中々迫力があります。










IMG_4584_20111109232623.jpg


最後はノースゲートビルディングから見た、(仮称)新大阪阪急ビルの様子です。東西に横長い(仮称)新大阪阪急ビルが姿を表してきた事で、新大阪駅周辺の高層ビルの厚みが1段増した感じがしました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です