【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

阪急百貨店前の南北コンコース 12.06

IMG_7621.jpg


阪急百貨店前の南北コンコースは、ホワイティうめだから阪急梅田駅に続く、梅田の中でも特に重要な歩行導線で、梅田阪急ビルの建替え工事に伴い改装が行われています。改装後の南北コンコースは、幅員約16.5mの柱のない無柱空間となり、約9mの高さがある天井と合わせて非常に開放的な空間が誕生します。

新しいコンコースのコンセプトは「クラシック」「モダン」「エレガント」が融合する世界観西日本最大級の鉄道ターミナル駅に相応しい象徴的な空間となるようにデザインされており、コンコースを挟み相対するファサードは大理石をはじめ共通素材を用い、印象的なアイアンワーク(金属装飾)で仕上げられます。










IMG_7612.jpg


うおおおっ!久々に南北コンコースを取材してみると、阪急グランドビル側(写真右)、阪急百貨店側(写真左)の両方のファザードが姿を現しており、長らく仮設で殺風景だった南北コンコースの様子が一変していました!これは凄い事になっています。。。










IMG_7592_20120608224956.jpg


3月の記事でご紹介した、南北コンコース北寄りの明かり天井に加えて、コンコース南寄りの天井にも明かり天井が設けられていました。北側の照明が六角形なのに対して南側は長方形となっています。












IMG_7631.jpg


阪急グランドビル側のファザードの様子です。阪急グランドビル側のファザードは、アールデコ調の実直で力強いデザインとなっています。











IMG_7635_20120608225019.jpg


一方、百貨店側のデザインはアールヌーボー調の柔和で優美なデザインとなっています。また建替え前の阪急うめだ本店の「名物的存在」だったシースルーウインドーが復活する予定です。











  IMG_7588.jpg

そして、南北コンコースの南端、百貨店入り口の上に、なにやら荘厳なデザインの装飾が見えます。。。













  IMG_7607.jpg


先ほどの写真で写っていたのは、百貨店の入り口上部に設けられた、アイアンワーク(金属装飾)です。西宮阪急のエントランスにも、似た様なデザインのアイアンワークが設けられていますが、それとは比べ物にならないほど作りこまれており、高級感がビジビシと伝わってきます。











IMG_7598.jpg

アイアンワークをアップで。もう見ているだけで溜め息が漏れそうなほどカッコイイ。アイアンワークの周りの大理石の模様がオーラの様にも見えますが、これも意図してこうなっているのでしょうか?

この手の、中世のヨーロッパ世界をイメージさせる装飾品は、ともすれば偽物感がにじみ出て、製作者の意図とは逆に安っぽさを演出している事が多いですが、流石は阪急。チープさは皆無で、独自の世界観を見事に表現出来ていると思い関心しました。











IMG_7601.jpg

最後は、南北コンコースの南端で設置工事が行われている、6連エスカレーター付近の様子です。梅田阪急ビルオフィスタワーや百貨店のエントランスとの位置関係はこんな感じになっています。


いよいよ姿を現してきた、阪急百貨店前の南北コンコース 。全面供用が開始される今秋が本当に楽しみになってきました。





今後のスケジュール

■2012年7月頃
阪急グラントビル側のエントランス及びファザード工事が完了、南北コンコースの幅員が6m→8mに拡幅。

■2012年8月頃
南北コンコース南端のエスカレーター(6基)設置工事が完了し、供用を開始。

■2012年秋
南北コンコースおよび東西コンコースが全面開通。阪神百貨店やJR大阪駅方面を2階 レべルで結ぶ歩道橋と接続する東西通路が開通












【おまけ】


IMG_7638.jpg

こちらはムービングウォークの南端付近の様子です。この付近の改装工事も着実に進んでいました。




4 Comments

ジェムハン

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
先週出張で通りましたが、一部まだ防護壁があるとはいえ、圧巻の空間でした。
アイアンワークも、博多阪急や西宮で見たものより、密度が濃いというか、立体的というか、”溜息が出るほどカッコイイ”とおっしゃるのに同感です。まだ工事中の東西コンコースは、このアイアンワークが3つ連続するんですよね。いや~楽しみです。

職業柄、色々なイメージパースを見る事が多いのですが、結構イメージパースの方が立派だった、という事が多いです。
でも阪急百貨店は、外観、コンコース共に、イメージパース以上の質感、重厚感、エレガント性に仕上がっており、凄い!!の一言です。

ほしこ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
梅田は、
色んなところが様変わりして、
数年前とは別の街のようになって来ましたね。

アイラブオオサカー

SECRET: 0
PASS: aa98a85119ba51551b31513da7cfdbfa
入梅したばかりの朝、案の定の天気となりました‥

さてこの阪急梅田の状況。徐々に私達の前に姿を現しつつありますね(^-^) コンコースは天井も高くなりまた明るい雰囲気が、言わば“新生阪急”を体現しているように感じられます。

阪急百貨店増築部の壁面も、非常に質感の高い出来ばえで、やはりこういったところは『さすがは阪急、他とは一味違うな』と思いした。

愛阪者

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
子供の頃、母親や伯母たちに連れられて大食堂でお子様ランチを食べたり、おもちゃ売り場のショウ・ウィンドウに鼻面をくっ付けたまましばらく動かなかったり、屋上遊園地の乗り物に乗り回ったり、迷子になったり等々、数々の想い出がこの店にはあるわけで、それだけに旧ビルとの継続性をしっかりと守った新ビルのデザインを私的には強く支持してるのですが、このコンコースのデザインもやはり同様のデザインコンセプトで貫かれてるのは嬉しいですね。

他所の人が見てどう思うかなんてことよりも、赤ちゃんの頃からこの店に親しんでる人がどう感じるかを重視したデザイン。
「モダン」も大切でしょうが、それ以上に「クラシック」と「エレガント」が嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。