【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

静岡県内最高層約118mの免震+制振分譲マンション計画!旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業



旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業は、浜松駅前に計画されている、静岡県内最高層となる、約118mの免震+制振分譲マンション計画です。浜松駅北口に位置する旭・板屋街区は1980年(昭和55年)の再開発推進協議会の設立以来、B地区・C地区と順次整備が完了しました。一方でA地区の整備は長期にわたり停滞していましたが、2016年10月に再開発組合の設立が認可され、ついに工事着工となりました。事業主は、旭・板屋A-2地区市街地再開発組合、設計はIMARI・ASAIJV、施工は西松建設・須山建設・中村組JVが担当しており、2020年の完成を目指しています。

 

【出典元】
株式会社一条工務店>プレスリリース

 

 

 

 



 

名称旭・板屋A-2地区第一種市街地再開発事業
計画地静岡県浜松市中区板屋町105番3、107番、旭町6番1
地域地区商業地域/防火地域
計画容積率749.18%
敷地面積3,576.49平方メートル
延べ面積38,274.27平方メートル
主要用途共同住宅、商業・業務施設、駐車場
階数/高さPH 1階  地上30階/約118m(最高高さ 約122m)
工事着手2018年1月
工事完了(予定)2020年3月
 

 


プレスリリースに掲載されていたエントランス付近の様子です。非常に高級感のある外観が描かれています。

 

 

 


現地の様子です。旭・板屋A-2地区のタワーマンションが完成すると既存2棟と合わせて3棟のタワーマンションが林立する事になります。

 

 

 



 

最後は、D’グラフォート浜松 D’s Tower(地上34階、116.50m、総戸数:210戸)と、シティタワー浜松(地上32階、高さ:113.60m、総戸数:194戸、総戸数:210戸)の並びです。この写真の中央付近に新しいタワーマンションが建設されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。