【お知らせ】コメント投稿はハンドルネーム・メールアドレス必須となりました。コテハンに「匿名」「匿名A」等の使用は禁止しています

【2020年7月開業】関電不動産開発が曽根崎に建設中のホテル エルシエントの状況 19.06


(仮称)曽根崎1丁目地点新築工事は、関電不動産開発が大阪市北区曽根崎1丁目の「新宇治電ビル」跡地に建設中のホテル計画です。地上17階、高さ65.28m、延床面積8,666.00㎡の規模で客室数は253室。竣工後は、グループ会社で、エルイン京都や、くろよんロイヤルホテル 、中之島プラザなどを展開している関電アメニックスがホテル運営を行う予定です。ホテルブランドは新ブランド「ELCIENT」(エルシエント)に決まりました。

【出典元】
大阪市北区曽根崎 1 丁目におけるホテル開発のお知らせ

【過去記事】
関電不動産開発が曽根崎に建設中のホテル、(仮称)曽根崎1丁目地点新築工事の状況 19.02

 

 

 


【スペック】
計画名称:(仮称)曽根崎1丁目地点新築工事
所在地:大阪市北区曽根崎1丁目45番1他(地番)
階数:地上17階、塔屋1階
高さ:65.28m
構造:鉄骨造(柱の一部CFT造)
杭・基礎 :
主用途:ホテル
客室数:253室
敷地面積:986.42㎡
建築面積:791.01㎡
延床面積:8,666.00㎡(容積対象面積:7,881.16㎡)
建築主:鹿島建設
設計者:鹿島建設
施工者:関電不動産開発
着工:2018年09月
竣工:2020年04月(予定)
開業:2020年07月(予定)

 



現地の様子です。計画地の東西は他のビルに挟まれ、敷地北側にはかしく寺(法清寺)、南側は新御堂筋の高架橋があり、撮影ポイントが全然ありません。

 

 

 

 

真正面から見た様子です。カーテンウォールの取り付けが始まりました。

 

 

 

 

外壁のアップです。完成イメージパースとかなり色味が異なって見えます。白色系のクールな色合いのビルを想像していましたが、実際は暖色系のアースカラーな外観になりそうです。

 

 

 

 

南東側から見た様子です。

 

 

 

 

最後は北側から見た様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です