新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

先行エリア開業!TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)の状況 20.01(施設内部編)


TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)は大阪市大正区最北端の尻無川の川辺に新しくオープンした複合商業施設です。飲食店経営のRETOWNと大正区は2019年3月27日に包括連携協定を締結し、尻無川河川広場賑わい拠点管理運営事業を中心に、賑わい創造事業、舟運事業の推進、ワークショップの開催、インバウンド客の取り込み等に取り組み、地域の活性化を図って行く方針を確認し、施設計画が進んでいました。

今回(1月18日)オープンした先行開業エリアは、船上レストラン、ベーカリー カフェ、マーケット型コンテナカフェ、フードホール、飲食テナントの計16店舗のフードをメインにしたエリアです。今後は、春以降にUSJまでの定期船の運航、シェアアトリエ、秋以降には川辺に浮かぶ日本初のホテル『Water Hotel PAN AND CIRCUS(仮称)』がオープンする予定となっています。

【出展元】
RETOWN公式サイト
タグボート大正公式サイト







 

 





施設の概念図です。カフェ・レストラン、フードホール、バー、ライブハウス、ワークショップ、船着き場、スクール、ホテル、SUP。大正区にウォーターフロントの一大拠点が生まれます。

 

 

開業特集2回目は『施設内部編』

現地の様子です。特集2回目は施設内部編。こちらはエントランス付近の様子です。国産食材の美味しさにこだわった弁当屋「THE MARKET BENTO」イタリア産を揃えた船上レストラン「PEZZERIA DA DOTS」ベーカリーカフェ「MONDIAL KAFFEE 328 TUGBOAT」が並んでします。

 

 

 

メイン通路の様子です。

 

 

 

リバーレストランに繋がる桟橋の様子です。

 

 

 

バーレストラン「PIZZERIA DA DOTS」の様子です。ピッツェリア(ピザを専門に提供するイタリア料理店)をもっと多くの方に知ってほしい! その思いから「非日常を!」をコンセプトに、イタリア直輸入の薪窯を日本で初めて船上レストランが設置されました。 店内にはバーも併設され、食事・空間の両方が楽しめお店となっています。 店名の「Dots」は多くの人と、地域を結ぶお手伝いが出来ればとの思いからきています。

 

 

 

エントランスの奥に進むとフードホール「新カモメ食堂街」があり、一番手前の川沿いにはバンズを毎日自社で手作りしている『SEAGULL DINER』があります。

 

 

反対側から見た様子です。

 

 

 

テーブル類がメチャクチャ洒落てます。

 

 

 

船着場のエントランス付近の様子です。

 

 

 

オープン初日はサップの体験会が行われていました。

 

 

 

フードホール「新カモメ食堂街」の様子です。焼肉のように自分で焼鳥をするスタイルの『あやバカ一代。』、クラフトポテト専門店『POTALU』、サワー専門店の『THE MARKET Sour Lab.』、クラフトビール専門店『Beer stand MARCA』、担担麺専門店『KOBE ENISHI』、市場直送の食材を天ぷらで提供する『イチバノチカラ』、お出しとワインの店の『アトリエスタ食堂』、たこ焼きの『くれおーる』、韓国立ち呑『笑酔人(エヨウド)』などが並んでいます。

 

 

 

イートテーブルの照明など、店舗の造りがとにかく洒落ています。雰囲気を味わうだけでテンションが上がってくる空間でした。

 

 

 

フードホール「新カモメ食堂街」の一番奥にはライブスペースが設置してあり、フードホール全体に伝わるような構造になっています。

 

 

 

フードエリアの一角には本格的なDJブースがありました。

 

 

 

2階の様子です。

 

 

 

2階テラス席の様子です。冬場はちょっと寒いですが川縁の雰囲気がGOODです。

 

 

 


最後は2階テラス席から見たドームシティガスビル(DCガスビル)の様子です。

1 COMMENT

三刀流

「水都」の魅力を高める施設ができましたね。こんなのがもっと大阪中の川辺にできればと思います。
昔の大阪の川は、どこも真っ黒で、異臭がただよい、雑多な汚物が浮かぶドブ川でした。川べりの建物も汚いものに背を向けるように建ち、舟を浮かべて楽しむなんて考えられませんでした。
隔世の感があります。水もこれからもっときれいになるでしょう。
5枚目の写真説明の4行目《楽しめお店》、6枚目《「新カモメ食堂街」がり、》となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です