【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

(仮称)箕面船場駅前ツインタワーマンション計画現地の最新状況 22.07



北大阪急行の延伸工事が進み2023年度に「箕面船場阪大前駅」が開業予定ですが、新駅に直結する好立地に住友商事によるツインタワーマンションが計画されています。

(仮称)箕面船場駅前ツインタワーマンション計画は、大阪府箕面市船場東2丁目〜3丁目付近に開発されるツインタワーマンションで、地上31階、高さ99.9m、敷地面積7,214㎡、延べ床面積93,000㎡、総戸数731戸の規模で、住宅棟2棟、店舗棟1棟の合計3棟(1棟扱い)が計画されています。建築主は住友商事、設計は竹中工務店、施工者は未定です。

記事作成の便宜上、(仮称)箕面船場駅前ツインタワーマンション計画の仮称でご紹介してゆきます。

 



新駅の開業に向けて大規模駅前再開発が進む、箕面船場阪大前駅付近で、延べ床面積が9.3万㎡にったっする、同エリア最大級の大型施設となります。

事業主が住友商事なので、同社のタワーマンションブランドを冠して「クラッシィタワー箕面船場」になるかもしれませんね。

 

計画概要


計画名称(仮称)箕面船場駅前ツインタワーマンション計画
所在地大阪府箕面市船場東2丁目6−10、3丁目1-6他
交通北大阪急行 箕面船場阪大前駅(2023年度開業予定)
階数地上31階 地下1階 1棟扱い(住宅棟2棟、店舗棟1棟)
高さ99.9m
構造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
杭・基礎
主用途共同住宅・店舗
総戸数731戸
敷地面積7,214m2
建築面積5,000m2
延床面積93,000m2
容積対象面積
建築主住友商事
設計者竹中工務店
施工者未定
着工未定
竣工未定
備考※計画名称は管理人が便宜上名付けた仮称です

 

立面図・配置図



建築計画のお知らせに掲載されていた立面図と配置図です。駅に近い南側とパコンコ店の右側の2棟のタワーマンションが建設されます。

 

2022年7月の様子



現地を西側から見た様子です。奥に見えるのは先にオープンした、箕面市立 文化芸能劇場・船場図書館・船場生涯学習センターなどの公共施設群です。

 

 


南側から見た様子です。

 

 


東側から駅方面を見た様子です。駅に近い方のタワーは板状の大型タワーマンションになりそうです。

 

 

 


最後は北側の様子です。こちら側のタワーは断面正方形のスリムなタワーになりそうです。

 

1 COMMENT

アリー my dear

ここは着工時期が未定なんですね、一日でも早く動き出してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。