新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

ジオタワー高槻ミューズフロント 10.12


ジオタワー高槻ミューズフロントは、 JR高槻駅北東地区開発事業「MUSE(ミューズ)たかつき」に建設されているタワーマンションです。将来的には現在建設中のタワーの隣に同規模のタワー が建設されツインタワーになる予定です。MUSE高槻は、総面積約9.3ヘクタールの広大な敷地を再開発する西日本最大級の複合開発計画で住宅・学校・病院・商業施設等で構成されています。


【過去記事】
→(仮称)JR高槻駅前タワーマンションプロジェクト 10.09
→(仮称)JR高槻駅前タワーマンションプロジェクト 10.07
→関西大学高槻MUSEキャンパス
→MUSE高槻
■追跡取材リスト







P1130045.jpg

タワー部が上に伸び始めました。上に伸び始めるのを見る、と一気にテンションが上がってきます。


【スペック】
名称:ジオタワー高槻ミューズフロント
階数:地上41階、塔屋2階
高さ:139m
戸数:450戸
敷地面積:7994.21m2
建築面積:4363.77m2
延床面積:62472.09m2
完成予定:2012年06月下旬






P1130048.jpg

こちらはジオタワー高槻ミューズフロントに隣接して建設が進む愛仁会リハビリテーション病院の様子です。前回に比べかなり工事が進んでいました。






P1130049.jpg


既存の病院施設とはペデストリアンデッキで接続される様です。MUSEたかつきに面した道路は歩道の美装化と電柱電線の地中化が行われていました。







P1130050.jpg

最後は関西大学高槻MUSEキャンパスの様子です。



1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です