新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

名古屋三越 栄店の建て替え構想が浮上!高さ180mの高層ビルへ



名古屋・栄の百貨店「名古屋三越栄店」が入居する商業ビルを運営する「オリエンタルビル」は2029年の完成を目標に、新たな複合ビルに建て替える構想を発表し、地上34階建て、高さ180mの超高層ビルを建設計画が明らかになりました。今後、三越など関係者との協議に入るとの事です。

 

【出展元】
中日新聞>栄・三越、建て替え構想 オリエンタルビル表明
名古屋・栄で新たな計画浮上…名古屋三越栄店のビルに“建て替え構想” 高さ180mの高層ビルへ

 



建替え構想は、名古屋市から都市再生特別地区の指定を受けることで、容積率を現在の1.5倍に緩和し、延べ床面積を13万㎡に拡大。高層階に高級ホテル、中層階に国際会議や宴会などに使えるコンベンションホール、低層階に三越を想定した商業施設を入れ、低層階の屋上には来場者の憩いの場として公園を設ける計画です。

 

 

IMG_2323.jpg

現ビルはRC造、地上9階、地下3階建て、延床面積約7.6万㎡の規模です。名古屋三越の前身「オリエンタル中村百貨店」が開業した1954年に完成しました。以後、73年までに4回にわたって増築が行われましたが、建物の老朽化が課題となっていました。

 

 

 


出展:中日新聞>新中日ビルの基本計画発表

名駅と栄の地域間競争が都心部の活性化に対して良い影響を与えており、都心の新陳代謝が加速してきました。栄地区では、三越の東側で「中部日本ビルディング」の建て替え計画(高さ170m)が2024年度の完成に向けて進んでいおりいます。名古屋三越のの建替え構想が加わる事で、同地区の景観が一変する事になります。

 

【2024年度完成予定】中部日本ビルディング(中日ビル)の建て替え計画、新中日ビルの基本計画発表!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です