新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

関電不動産開発が天満橋近くにタワーマンション!(仮称)北区天満1丁目計画の状況 19.10



新規プロジェクトが出てきました!関電不動産開発が天満橋近くにタワーマンション(仮称)北区天満1丁目計画を建設します。地上30階、地下階、高さ101.000m、延床面積18,546.72m2の規模で、設計・施工は長谷工コーポレーションが担当します。場所は天満橋の北東側で京阪と大阪メトロの天満橋駅至近の好立地です。

 

 

 

 

 

【スペック】
計画名称:(仮称)北区天満1丁目計画
所在地:大阪市北区天満橋1丁目2番の一部
階数:地上30階、地下
高さ:101.000m
構造:鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :
主用途:共同住宅
総戸数:—-
敷地面積:1,375.21m2
建築面積:680.361m2
延床面積:18,546.72m2 ※容積対象面積:12,366.63㎡
建築主:関電不動産開発
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
着工:2020年03月(予定)
完成:2022年05月(予定)

 

 

建築計画のお知らせに掲載されていた配置図と立面図です。最高高さは101.000mですが、大きな棟屋まで含めると高さ110m以上ありそうですね。

 

 

 

 

北側から見た計画地の様子です。撮影時には埋蔵文化財発掘調査が行われていました。

 

 

 

 

(仮称)北区天満1丁目計画は先ほども書きましたが、天満橋駅に近い事や東西南北、どちら向きでも魅力的な景観が得られそうな立地です。西は梅田・中之島方面の高層ビル街、南はハルカスや大阪都心部の眺め、東は大阪城とOBP、北はOAPや大川の眺めが楽しめるため、かなり人気の物件になると思います。

1 COMMENT

アリー my dear

これは…塔屋部分だけで10mくらいはあるでしょうね(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です