【再都市化ナレッジデータベース】

野村不動産が新大阪に計画中のオフィスビル(仮称)新大阪PJの状況 20.08【2021年6月竣工予定】



野村不動産は新大阪駅北西部にあった駐車場約1500㎡を取得し同社が展開中のミッドサイズオフィスビル「PMO」を開発します。「PMO」はプレミアム・ミッドサイズのオフィスビルで、大規模ビルと同等の機能性とグレードを併せ持った、新しい中規模オフィスビルです。同社が大阪都心部にオフィスビルを開発するのは実に10年ぶりにとなります。

 

野村不動産が新大阪に計画中のオフィスビル(仮称)新大阪PJの状況 19.10



【2022年までに開業】野村不動産が新大阪にオフィスビルを開発。自社ブランド「PMO」の展開を検討中



 

 

 


【スペック】
名称:(仮称)新大阪PJ
所在地:大阪市淀川区宮原4丁目2-9,2-10
階数:地上12階、地下0階
高さ:60.00m
構造:鉄骨造
杭・基礎 
主用途:貸事務所
客室数:――
敷地面積:1,473.81㎡
建築面積:841.11㎡
延床面積:9,662.23㎡ ※容積対象面積:8,834.08㎡
建築主:野村不動産
設計者:竹中工務店   
施工者:竹中工務店
着工:2020年01月
竣工:2021年06月

 

2020年8月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2020年1月だったので、約7ヶ月振りの取材です。

 

 


久しぶりに現地を訪れてみると鉄骨建方がかなり進んでおり驚きました!

 

 


北側から見た様子です。

 

 

 


新大阪ソーラ21から見た様子です。

 

 

 



最後は引き気味で見た周囲の様子です。野村不動産の(仮称)新大阪PJの近くでJR西日本不動産が2棟の大型オフィスビルを建設・計画中で、先日お伝えした第5ドイビルが加わり、4棟合計で約6.86万㎡のオフィスが供給されます。

 

 

2020年1月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年10月だったので、約3ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 

駐車場が閉鎖され更地になっていました。

 

 

 

 

先ほどの反対側、北側から見た様子です。

 

 

 

 


最後は野村不動産のオフィス用地と周辺の様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です