【再都市化ナレッジデータベース】

先行エリア開業!TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)の状況 20.01(施設外観編)


TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)は大阪市大正区最北端の尻無川の川辺に新しくオープンした複合商業施設です。飲食店経営のRETOWNと大正区は2019年3月27日に包括連携協定を締結し、尻無川河川広場賑わい拠点管理運営事業を中心に、賑わい創造事業、舟運事業の推進、ワークショップの開催、インバウンド客の取り込み等に取り組み、地域の活性化を図って行く方針を確認し、施設計画が進んでいました。

今回(1月18日)オープンした先行開業エリアは、船上レストラン、ベーカリー カフェ、マーケット型コンテナカフェ、フードホール、飲食テナントの計16店舗のフードをメインにしたエリアです。今後は、春以降にUSJまでの定期船の運航、シェアアトリエ、秋以降には川辺に浮かぶ日本初のホテル『Water Hotel PAN AND CIRCUS(仮称)』がオープンする予定となっています。

 

【出展元】
RETOWN公式サイト
タグボート大正公式サイト

【2020年1月開業】TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)河川に浮かぶ「ウオーターホテル パンとサーカス」の建設状況 19.12











施設の概念図です。カフェ・レストラン、フードホール、バー、ライブハウス、ワークショップ、船着き場、スクール、ホテル、SUP。大正区にウォーターフロントの一大拠点が生まれます。
 

現地の様子です。撮影枚数が多いので2回に別けてご紹介したいと思います。1回目は施設外観編。こちらはカフェ・レストランA棟、台船レストラン付近の様子です。

 

 

 


真正面から見た様子です。

 

 

 

 

 

 

フードホール/バーが入居するB棟付近の様子です。

 

 

 

2階は小ぶりですがテラス席があります。

 

 

 

 



 

 

 

 


日本シティサップ協会が企画しているサップの体験会「こたつで水上さんぽ」。

 

 

 

 

 

 


少し引き気味で見た施設全体の様子です。

 

 

撮影ポイントを変えて地上から見た様子です。水面に浮かぶサップとの組み合わせが良い感じですね。

 

 

 

真正面から見た様子です。

 

 

 

角度を変えて見た様子です。

 

 

 

先行エリアがオープンしたTUGBOAT TAISHO(タグボート大正)。全体計画の50%程度がオープンした感じですが、フードエリアだけでも相当良い感じに見えました。

施設内部編に続きます・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です