【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)イオンモール則武新町が着工(仮称)ノリタケの森プロジェクトはモールとオフィス複合型商業施設が融合した新業態【2021年秋開業】



イオンモールは20201月31日に、ショッピングモールとオフィスを融合した全く新しい複合型商業施設「(仮称)イオンモール則武新町」の建設工事に着手しました。計画地は名古屋市西区則武新町三丁目、JR名古屋駅の北東約1kmに位置する建設地はノリタケカンパニーリミテドの洋食器工場の跡地で、「ノリタケカンパニーリミテド、三菱商事、イオンモール、三菱地所レジデンス」の4社が共同で(仮称)ノリタケの森プロジェクトの開発を行います。

商(仮称)イオンモール則武新町の施設規模は地上6階建て、敷地面積約5.7万㎡、延べ床面積約14万㎡、立体駐車場は地上7階建て、約2100台。2021年秋に開店を予定しています。

【出展元】
(仮称)ノリタケの森プロジェクト 物件情報
オフィス複合型商業施設 「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」建設着工について
民間都市再生事業計画((仮称)ノリタケの森プロジェクト 新築工事)を認定

 

 

【計画概要】
計画名称:
(仮称)ノリタケの森プロジェクト新築工事
所在地:愛知県名古屋市西区則武新町三丁目102番1
階数:地上6階(立体駐車場:7階)
高さ:30.05m
構造:鉄骨造
杭・基礎 :
主用途:物品販売店舗
駐車場:約2,100台
敷地面積:56,993.99㎡
建築面積:30,119.40㎡
延床面積:139,657.22㎡
容積対象面積:110,648.05㎡
商業施設面積:商業施設約37,000㎡、オフィス約22,000㎡
建築主:イオンモール
設計者:大成建設
施工者:大成建設
着工:2020年02月
竣工:2021年10月末(予定)
開業:2021年秋(予定)

 

 



(仮称)イオンモール則武新町のフロア構成です。1階はスーパーマーケットや郵便局、託児所、レストラン、2階はコンビニエンスストア、書店、カフェ、3階は医療施設、教室、フィットネス、フードコート、4~6階はオフィスフロアで、1階にオフィスのエントランスを設ける計画です。ワーカー向けに「森の見えるラウンジ」を併設するほか、アプリを使ったランチ予約やロッカーサービス機能が計画されています。また年間31万人が来場するミュージアム型複合施設の「ノリタケの森」に隣接することから、郊外型モールとは一線を画し観光客向けの飲食スペースが設けられます。

 

 

イオン・ミーツ・オフィス!

 



オフィスはモールの上に配置することで、ワンフロア賃貸面積が約7000平方メートルを越える1フロアとしては「日本最大級」の賃貸オフィスとなります。企業の拠点集約ニーズに柔軟に対応でき、拠点集約後もワンフロアでの活発なコミュニケーションが図れる執務空間を実現します。

 

 

 



イオンモールは、この施設を「商業施設とオフィスを融合する新しい事業フォーマット」位置づけています。都市型モールとしての文化性・利便性に加え、ビジネス拠点集約も取り込み、新たなランドマークとして名古屋の魅力度向上に寄与できる複合型施設を目指します。非常に実験的な取り込みですが、都市型モールとオフィスフロアの融合は今後のイオンモールの新しい成長エンジンに育つ可能性があります。

 

 

イオンモールがオフィス市場のゲームチェンジャーに!?



イオンモールは有望な土地に圧倒的な規模の施設を建設する資本力、地域特性に合わせて的確なテナントを展開するマーケティング力、それらが生み出す膨大な集客力で中心部の繁華街に打撃を与えてきました。今後は商業テナントに加え、既存のオフィスマーケットが打撃を受けるかもしれません。

 

 



地方都市の営業活動はクルマが必須です。近年ではオフィスにも駐車場が求められており、旧来のオフィス街から駐車場付きの新街区のオフィスへの移転が見られます。また、オフィスビルは利便性、機能性に加え「ステータス性」が重要になります。イオンが展開する新しいオフィス融合型SCのイメージUPがポイントの1つになります。

イオンモールは広大な駐車場を有しています。さらにオフィスのテナントに立体駐車場をアサインすれば天候に左右されずに商品やデモ機、販促品の積み込みが可能になります。もちろんモールの立地が郊外過ぎない事が求められますが、そこそこの立地で地方都市のオフィステナントが求める機能を高い利便性をもって提供出来れば、多くのテナントが集まる可能性があります。

 

 

 

th_IMG_0111_20170122194650df8.jpg

イオンのモール併設型オフィスが世の中に認知され軌道に乗り始めると、地方都市の中心部にある既存オフィス街が打撃を受ける事が予想されます。(仮称)イオンモール則武新町で確立されたフォーマットが全国で展開されると、イオンモールが地方都市のオフィス市場を根底から覆すゲームチェンジャーになる可能性があります。新たな市場の破壊者は既存デベロッパーではなく、まさかのイオンなのかもしれませんね。

 

1 COMMENT

谷町百丁目

京橋イオンの跡地にもこのコンセプトのオフィス併設型イオンが検討されているという報道がありましたね。
京橋駅の目の前という立地を考えると、ノリタケの森プロジェクトのオフィス面積22,000㎡を大きく上回る規模であってほしいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です