MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)東静岡地区新都市拠点整備事業15街区商業施設 12.10

IMG_3898.jpg


(仮称)東静岡地区新都市拠点整備事業15街区商業施設は、三菱地所がJR東静岡駅北側に建設中の大型商業施設です。この大型SCは三菱地所の旗艦商業施設と位置づけられる大型商業施設で、延床面積11万8千m2、店舗面積は約36,000m2の規模です。ストアコンセプトは「ヒト・モノ・コトが集まる静岡の新しいラ ンドマーク」。東静岡地区の新たな賑わいと憩いの拠点を目指し、静岡市を中心に県内及び隣接する山梨県も含めた広域からの集客を目指します。














【スペック】
名称:(仮称)東静岡地区新都市拠点整備事業15街区商業施設
階数:地上7階・塔屋1階
敷地面積:約26,000m2
延床面積:約118,000m2
店舗面積:約36,000m2
用 途:店舗、駐車場(出店店舗は未定)
店舗数:120~150店舗
駐車台数:1,893台
設計監理:株式会社三菱地所設計
施 工:前田建設工業株式会社
所 在 :静岡県静岡市葵区柚木(東静岡地区新都市拠点整備事業15街区)
工 期:2012年1月5日~2013年2月中旬(予定)
開業時期:2013年4月(予定)










IMG_3903.jpg


現地の様子です。既に最高部まで到達しておりショッピングセンター全体のボリューム感が掴める様になっていました。延床面積が約118,000m2もあるので、かなりの大きさです。施設に入居するテナントは、ファッション関連や生活雑貨、スーパー、家電店等の、大体のアウトラインが公開されていますが、まだ具体的なブランド名は発表されていません。









IMG_3905.jpg


最後は西側から見た、(仮称)東静岡地区新都市拠点整備事業15街区商業施設の建設工事の様子です。三菱地所が建設を進める東静岡駅前の大型SC。伊勢丹、松坂屋、新静岡セノバなどがひしめく中心市街地まで僅か3kmの距離に生まれる巨大なショッピングセンターは、静岡市の流通業に大きな影響を及ぼす事になりそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です