新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

開業した愛知国際展示場「Aichi Sky Expo」は最新鋭の機能的な展示場だった!ー外観編



愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)は愛知県が常滑市セントレア5丁目の中部国際空港島内に建設した国際展示場です。日本初の国際空港直結型の国際会議・展示場で、敷地面積は約28.7ha、展示面積は約60,000㎡で、東京ビッグサイト、幕張メッセ、インテックス大阪に次ぐ日本第4位の国際展示場になります。愛称は2,500件以上の公募の中からAichi Sky Expo(アイチスカイエキスポ)に決定し、2019830日に開業しました。

 

【2019年9月開業】愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)の建設状況 19.05



 

 

 



Aichi Sky Expoの場所はこちらです。立体駐車場「P1」の外側に位置しています。セントレア駅からは約400ほどの距離があります。

 

 


出展:Aichi Sky Expo

Aichi Sky Expoは、6つのホールで構成され、「ホールA」は縦横100m、天井高20mの柱のない空間で、コンサートやスポーツなどの催しにも対応します。「ホールB~F」の5つホールは間仕切りを開放する事で、最大5万㎡規模の大空間を実現する事ができます。

 

 

 

 



展示面積約6万平米はインテックス大阪や幕張メッセの約7万平米に匹敵する規模です。今年9月にオープンしたばかりの最新鋭の展示場に非常に興味があったのでセントレアまで取材に行ってきました!

 

 

 


セントレア駅から高速船のりばを右に行くと目の前に巨大な建物が見えてきました!

 

 

 


うおお!デカい!想像以上の規模に驚きました。

 

 

 

 


メインエントランス付近の様子です。写真では伝わらないかもしれませんが天井の高さが異常なほどで驚愕しました。

 

 

 

 

 

 

 


なんなんだ、この規模は・・・。

 

 


吊り下げられた緑化ユニット?の大きさも凄いです。

 

 


スカイエキスポのエントランスです。大屋根の規模に比べると、こじんまりしています。

 

 

 


展示ホール「E」付近の外観です。

 

 

 

 


南西側から見た様子です。

 

 

 

 


屋外多目的利用地の様子です。面積はなんと4万平米もあります。将来的の拡張用地として使えそうですね。

 

 

 

 

 


オープンした愛知スカイエキスポ。外観は非常にシンプルでコストミニマムな気がしますが無駄のない機能美の様なモノを感じる事ができました。それにしてもエントランス付近の大屋根の規模が大きすぎて本当にビックリしました。そして、館内にはいると「これはインテックスは完敗やなぁ・・」と思える空間が広がっていました。

特集2回目、館内編に続く・・・。

1 COMMENT

ぷんぷい

東京モーターショーやめて、次からここでモーターショーやったらいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です