MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

関電不動産伏見ビルの最新状況 21.10【2021年11月竣工予定】



関電不動産開発は、2020年8月20日付けのニュースリリースで、名古屋市中区栄一丁目において『関電不動産伏見ビル』の建設工事を着手したと発表しました。計画地は、名古屋市営地下鉄の東山線、鶴舞線「伏見」駅徒歩 4 分に位置し、東山線で中部地方最大のターミナル駅である「名古屋」駅、名古屋最大の繁華街である「栄」 駅ともに 1 駅でアクセス可能という交通利便性に優れた立地です。新ビルの敷地面積は1,869.83㎡で、地上 13階建、延床面積13,804.01㎡の規模の新ビルが建設されました。

『関電不動産伏見ビル』の基準階貸室面積は、676.38㎡(204.60 坪)で、駐車場台数 91 台、200 坪以上の整形無柱執務空間の実現と車両ニーズにも対応したオフィスビルとなります。また、近年のテナント企業のニーズである BCP(事業継続計画)対応を満たす為に、非常時において共用部と専有部の一部にも電力供給可能な非常用発電機設備(72 時間対応)、断水時 にトイレ洗浄が可能な雨水利用システムおよび防災備蓄倉庫などの機能を備えています。 この計画は関電不動産開発にとって 11 年ぶりの名古屋エリアにおけるオフィスビル開発事業となります。

【出展元】
名古屋市中区栄一丁目におけるオフィスビル開発のお知らせ

 


【物件概要】
所在地 : 名古屋市中区栄一丁目 809 番他
敷地面積 : 1,869.83 ㎡(566 坪)
延床面積 : 13,804.01 ㎡(4,176 坪)
構造規模 : 鉄骨造、地上 13 階
基準階面積 : 676.08 ㎡(205 坪)
設計・施工 : 大和ハウス工業株式会社
工 期 : 2020年 8月~2021年 11月(予定)

 

2021年10月の様子


関電不動産伏見ビルの外観デザインはラス面の間に存在感を惹き立たせる縦基調のアクセントを用いることで格式のあるファサードを演出。高さ60mの躍動感ある縦ラインが企業としてより一層の「成長」を感じさせるオフィスビルとなっています。

 

 

 


取材時はタワークレーンが降ろされている所でした。

 

 

 


南西側から見た様子です。

 

 

 

 

 


最後は西側から見た様子です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です