【再都市化ナレッジデータベース】

京阪HDが「枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業」に参画すると正式発表!再開発が一気に具体化へ


京阪ホールディングス、京阪電気鉄道、京阪電鉄不動産は、2020年3月30日付けのニュースリリースで、同年3月19 日に大阪府知事より認可を受け、3月 26日 に設立された「枚方市駅周辺地区市街地再開発組合」の組合員の一員 として、「枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業」に参画し、枚方市駅周辺の再開 発を本格的に始動させると発表しました。

京阪ホールディングス及び京阪電気鉄道は、201年12月に当地 区地権者と市街地再開発準備組合を設立し、2019 10月の都市計画決定を経て、 再開発組合設立に向けて準備を進めていましたが、今後、権利変換計画認可を経て、現在京阪グループの社有地があるエリア( 3 工区)について、2023 年度の建物竣工を目指す計画です。

【出展元】
京阪HD>「枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業」に参画します
枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業

 

枚方市駅周辺再整備基本計画アドバイザー公募、優秀者4グループを選定。枚方市駅周辺が未来都市に!?



 

 

「枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業」について


工区第1工区第2工区第3工区
敷地面積

約1,450㎡

約4,950㎡

1,400・約13,500
延床面積

約5,800㎡

約9,800㎡

800・約81,500 
建ぺい率

約70%

約40%

約55%・約75%

容積率

約400%

約160%

約30%・約450%

階数

地上6階地下1階

地上14階

地上1階・地上30階

主要用途

商業

商業、住宅

商業、業務、住宅、宿泊

「枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業」は枚方市が策定した「枚方市駅周辺再整備ビジョン」の中で定められたまちづくりを連鎖的に進めるリーディングプロジェクトとして重要な役割を担うものです。駅前の立地を生かし、次世代を見据えた複合施設を一体的に整備することで、枚方市駅周辺地域の活性化に寄与する魅力ある都市空間を形成するとともに、防災性能に優れた建物を整備し、安全安心な市街地を形成することを目的としています。


■スケジュール

2020年3月      : 枚方市駅周辺地区市街地再開発組合 設立

2020年度         : 権利変換計画認可

2023年度         : 第2・3工区 建物竣工

2025年度         : 事業完了


 

2 COMMENTS

アリー my dear

この計画のうち30階建ての複合ビルの高さは、他の情報などをみると約116mだそうですね(╹◡╹)

再都市化大ファン

高槻、香里園、樟葉など周りの駅には高層ビルがあるのに枚方市駅だけ残念と長年思い続けてきました。ようやく!これから林立することを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です