【再都市化ナレッジデータベース】

南海難波駅〜地下鉄なんば駅間の地下連絡通路バリアフリー化工事の状況 20.04

th_IMG_0086_2017070723480744f.jpg
南海難波駅〜地下鉄なんば駅間の地下連絡通路でバリアフリー化工事が進行しています。上の配置図は現地に掲示されていたパネルを撮影したものですが、地上1階、地下1階を結ぶエレベーター、南海側の地下1階と御堂筋線側の改札階の高低差を埋めるスロープの設置、急勾配の階段の勾配緩和の3箇所で改良工事が行われています。

 

南海なんば駅〜地下鉄なんば駅間の地下連絡通路でバリアフリー化工事の状況 18.10



南海なんば駅〜地下鉄なんば駅間の地下連絡通路でバリアフリー化工事が進行中!



 

 

 


長らく工事が行われていましたが、ついにスロープの供用が始まりました!

 

 

 

 

現地をジックリと見て行きます。スタート地点は地下鉄側。地下街「なんなん」付近にスロープが新設されました。

 

 

 

 

地下鉄側と南海側を隔てるトビラの向こうに真新しい通路が見えました。

 

 

 

 

おおおお!これが新設されたスロープです。メチャクチャ綺麗ではありませんか!!

 

 

 

 

スロープの途中、左側のコインロッカーに繋がる通路の様子です。

 

 

 

 

スロープの頂上付近から地下鉄を見た様子です。スロープの角度が絶妙で自然に坂道を上り下りする事が出来ました。こちらW

 

 

 

 

こちらはスロープと階段・エスカレーターの分岐点付近の様子です。写真右が新設されたスロープ、左が従来の階段・エスカレーター側です。

 

 

 

 

スロープの開通と入れ替わりで階段が閉鎖されました。美装化と角度の緩和が行われます。

 

 

 

 

エスカレーター付近の様子です。主導線がスロープに移転したので、若干遠回りになるエスカレーターの利用者は減った感じがしました。

 

 

 

 

撮影ポイントを変えて、地下鉄側から見た閉鎖中の階段の様子です。

 

 

 

 


現地に掲示されていた労災保険関係成立票によると、工事の事業期間は2020731日まで、との事です。夏頃には階段の美装化が完了し、一連のバリアフリー化工事が完成する見込みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です