【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)ホテル京阪 新天満橋の状況 20.04【2021年春開業予定】


京阪ホールディングスは、2019年2月12日付けのニュースリリースで、ホテル京阪の15店舗目となる「(仮称)ホテル京阪 新天満橋」を2021年春に出店すると発表しました。デザインコンセプトは『現代の旅籠』。天満橋は、京都と大阪を結ぶ多くの三十石船が往来し、八軒の船宿(旅籠 はたご )が軒を連ねた名所であったことから、高層フロアの客 室は柱を露出した「真壁」を、低層フロアの客室は「格子」と「行燈」をモチーフに『現代の旅籠』表現する、としています。

【出典元】
(仮称)ホテル京阪 新天満橋、2021年春に開業

【過去記事】
(仮称)ホテル京阪 新天満橋の状況 19.06
(仮称)ホテル京阪 新天満橋の状況 19.04
(仮称)ホテル京阪 新天満橋、デザインコンセプトは『現代の旅籠』

 

 

 

 


場所はこちらです。京阪天満橋駅の南側、駅の眼の前の好立地です。

 

 

 



【スペック】
計画名称:(仮称)ホテル京阪 新天満橋
所在地:大阪府大阪市中央区天満橋京町13番地の1の一部(地名地番)
階数:地上17階、地下1階
高さ:60.00m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :
主用途:ホテル、店舗
室数:300室(予定)
敷地面積:1,168.50㎡
建築面積:869.34㎡
延床面積:10,500.00㎡※容積対象面積9,347.76㎡
建築主:京阪ホールディングス
設計者:安井建築設計事務所
施工者:鴻池組
着工:2019年05月(予定)
竣工:2021年01月(予定)
開業:2021年春(予定)

 

2020年4月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2019年6月だったので、約10ヶ月振りの取材です。

 

 

 

地上鉄骨建方が始まり躯体が上に向かって伸び始めました。

 

 


最後は南西側から見た様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です