MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)札幌駅南口北4西3地区再開発の計画段階環境配慮書が公開!A案高層部は高さ240m


札幌市は2020年4月30日に(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業の計画案を公表しました。この計画はヨドバシホールディングス(HD)が取得した、JR札幌駅前の北4西3街区にあった旧札幌西武跡地を中心とするの再開発です。事業計画案はA・B2案が示され、延べ約23万㎡規模の再開発ビルを想定、店舗、ホテル、オフィス、商業施設などの機能を持たせた複合ビルが検討されています。

 

【出展元】
(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 計画段階環境配慮書

ヨドバシカメラが札幌、仙台に複合商業施設を出店、札幌最高のタワー建築を構想!



 

 

 


A案:低層部が高さ約50m、高層部約240m。実現すれば東北・北海道エリアでダントツの高さとなる超高層ビルとなります。

 

 

 



B案の概念図です。高さ約50mの低層部と低層部上部南側に高さ約190mの業務棟、東側に約160mの宿泊棟を建設する2棟案です。低層部で連結されている上に2棟に別けるメリットがあまり思い浮かびません。本命はA案だと思います。

 

 

 


低層部の軒高を50mとし、周辺のビルとの調和をはかりる計画となっています。この模型の形状はA案ですね。それにしても、敷地面積約10,000㎡に延べ床面積23万㎡のビルを実現するには単純計算で容積率2300%が必要になります。容積対象面積が一回り少なくなったとしても20万㎡で2000%は行くと思います。一体どうなっているのでしょうか・・・?

 

 

 


同地区は、2019年5月に地権者16者により札幌駅南口北4西3地区市街地再開発準備組合が設立され開発計画が検討されてきました。準備組合は、4月30日から計画段階環境配慮書の手続き開始を札幌市に要望し縦覧を開始、複数案を比較検討し札幌駅前の高度土地利用の機能更新を図る計画です。

再開発準備組合の理事長にはヨドバシHD、副理事長に北海道建設会館が就任しています。以前の報道で、再開発の事業規模は約1000億円と報じられています。

 



ヨドバシカメラは2012年に西武百貨店札幌店跡を約85億円で取得しましたが、ようやく再開発に向けて動き出しました。ヨドバシは大阪梅田地区に開業した「lINKS梅田」により、超高層ビルにホテルを内包した「都心型マルチテナント業態」を確立しました。札幌駅前の計画は、そのノウハウに加えオフィスをプラスした、大阪梅田をはるかに超える大規模再開発になりそうです。

1 COMMENT

GNS

240m!しかもこの時期での公表とは、福岡はますます差がつけられそうです。
羨ましい限りです。コロナ不況で計画縮小や中止が無いかビクビクしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE