MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

【横浜IR】資格審査を通過した2者の最終提案のIR施設イメージを公開!「ゲンティン・シンガポール」Gなど2グループ


出展:横浜市 「ゲンティン・シンガポール」グループ案

横浜市は2021年7月27日から、同市が誘致をめざすカジノを含む統合型リゾート(IR)について、事業者公募に応募した2者の模型やイメージ図などの展示を公開しました。7月27日(火)~8月9日(土)に、市役所2階プレゼンテーションスペース、展示スペースで、IRに関するPR動画やパネル展示、提案を受けた2グループから提供を受けたイメージ図、模型を見ることができます。

上のパースは「ゲンティン・シンガポール」グループの案と思われます。Y字型に3つの建物を配置したデザインが特長で、超高層ビルを含むホテル棟の全面が鏡面のようになっており、空や海を映しだします。敷地内には、海中にいるような気分を味わえる巨大水槽や横浜の海を背景とした巨大水中アートなどを備える体験型施設も整備する計画です。


代表:ゲンティン・シンガポール・リミテッド
構成員:大林組、鹿島、セガサミーホールディングス、綜合警備保障、竹中工務店


【出展元】
横浜市IR/2者の提案パース公開/87日まで市庁舎で展示
横浜市>横浜イノベーションIR企画展示

 

 

 


出展:横浜市 もう1グループの案

もう1グループは事業者名公表の承諾が得られていないため非公表としていますが、審査を通過した「メルコリゾーツ&エンターテインメント」を中心する企業グループと思われます。メルコらしい曲線を多用した外観が特徴的な建物は、中央に推定250mはありそうな超高層ビルを配置し、ホテルやモール、カジノなどが入ります。このほか、展示場棟、アート&デザイン・ミュージアム棟、ウォーター・パークなど複数棟を計画、山下公園付近のエントランスには、緑の森の様なウェルカム・ハブ棟を設ける計画です。

横浜市は今後、有識者による委員会での議論を経て「ゲンティン・グループ」か「メルコ・グループ」のいずれかを今夏をめどに選定します。その後は事業者と市が共同で策定した「区域整備計画」を2022年4月までに国へ提出する事になります。

 

【横浜IR】「ゲンティン・シンガポール」と「メルコリゾーツ」の一騎打ち!横浜IRの参入事業者公募で2グループが審査通過

9 COMMENTS

三刀流

と思って維新に大きな期待を寄せていたのですが、またも府議(それも党幹部)の犯罪的不祥事が発覚しました。もういい加減にしてくれと願いたいほど、維新所属議員・首長のデタラメぶり、トンデモぶりが次々に明らかになっています。
政治家は選挙で特権を得たり、失業したりするので、コツコツ働いて地道に生きようというより、一山当てて太く生きようというヤマ気の多い人物が多いとは思いますが、維新はその程度がひどすぎます。私は最初から維新議員らのうさん臭さのようなものを多少感じてはいましたが、大阪、関西のためと思って応援していました。化けの皮が次々にはがされているようで、ものすごく残念に思います。

三刀流

維新の松井大阪市長は「選挙後に政権入りすることはない」と言っていますが、選挙結果でどうなるか全くわかりません。
自公が過半数を割るようなことになると、野党に転落することになります。民主党政権で野党生活の悲惨さを味わった自民幹部はいまだに「悪夢の民主党政権時代に戻っていいのか」と繰り返しています。野党になるのがトラウマになっています。そんな自民が維新を取り込んで過半数確保を狙わないはずがありません。
維新は政権入りを高く売りつけることができます。関西2つのIR認可、関西に首都機能のバックアップ体制づくり、コメの先物商品取引正式認可、観光庁、中小企業庁、スポーツ庁の関西移転、国際金融都市を目指す大阪地区への全面支援などの要求を突き付けて飲ませるべきです。野党転落が怖い自公政権はすべて飲み込むでしょう。「嫌なら野党連合と政権樹立する」と脅せばいいだけです。
その辺の駆け引きは松井市長に任せばいいでしょう。
今度の選挙は関西に大きな恩恵をもたらすのではないかと期待しています。それには自公の過半数割れが条件です。

大阪淀屋

パナソニックが最大の事業会社 家電の事業会社本部を東京に移した。
ホールディングトップも大半東京勤務であり、完全に東京企業となった。いずれ登記も移すやろ。
※トップや本社の東京移転で強くなった企業は皆無に近く、移転していない企業の方が強いのは皮肉である。
ダイキンや日本電産のような世界シェアの高い営業利益率の高い企業は関西から本社を移さないが、世界シェアの低い利益率の低い企業や国内企業は完全に東京に移った。
やはり大阪に世界都市として最低限必要な国際的な情報発信の一大拠点と巨大空港が必要。
それを実現するのは大阪湾に二つのIRしかない。
MICEは一大情報発信拠点であり、IRはインバンド大強化となり関空を巨大空港にする。

横浜撤退が決まり、政府と官僚がIRをどう決断するか、衆議院選維新が躍進するのと併せて
大阪の将来にとって大事な時期となってきた。IRがなければ単なる名古屋、福岡並みの東京頼みのローカル都市に堕すが、IRが実現すれば自立した世界都市への道が開ける可能性大。
※今はローカル都市への道を一直線に走っている。

三刀流

大阪淀屋さんが書かれているとおり、次の総選挙後、維新が連立に入るかどうかが、大きな鍵になると思います。
週刊誌などの総選挙予想では、自民が大きく議席を減らし、その分を立民と維新が増やすということになりそうです。横浜市長選の結果を見ればその可能性は大きいです。
自公で過半数に足りなかったり、安定運営に議席が不足する結果になれば、当然のように自公維の3党連立が実現するでしょう。
その際に、維新は何が何でもIR担当大臣(万博とのセットで)と行革担当のポストを連立入りの条件にするべきです。それで、大阪IRを進めるとともに、首都機能のックアップを関西に持ってくる。維新の腕力が問われそうです。

ノブ

まずい展開になってきましたね。

首都圏で候補が無くなり、さらに管政権が弱体化すれば、日本でのIR事業は赤信号が灯るのではないでしょうか。延長されている選定手続きそのものが進まなく可能性も大きいのではないかとと思います。
官僚も逆風の中で大阪や地方のために進めていこうとは思わないでしょうし、どうせマスコミも叩きまくるだろうし。

ほんこん

首都圏でのIR計画、消滅か…横浜市長選で反対掲げた山中氏当確
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210822-OYT1T50135/

 今回の市長選で、「反IR」を掲げた山中竹春氏が当選確実となったことで、市の誘致計画は事実上頓挫する見通しだ。政権幹部は「首都圏の候補地が消えれば、痛手だ」と語った

大阪淀屋

どうやら自民候補は敗北で野党候補が勝利しそうな情勢で、そうなれば横浜は完全脱落となる。
次の総裁選と衆議院選に移ってきた。
大阪IRと和歌山IRの実現可能性が高いのは菅続投で維新が連立に入ること。
二か所できれば関空は大復活して滑走路やターミナルビル新設となる可能性大。
関空という関西再生の大エンジンを利用してビジネス面で東アジアに近い距離的優位性を活かせば経済の飛躍は間違いがない。一極集中を打破できる。

大阪淀屋

市長選賛成派の現市長は劣勢で反対派の山中氏と小此木氏の争いのようだ。
次は自民党総裁選と衆議院選後に移ってきた。
横浜は圏外としてもIR自体を自民党が推進していくのかに移る。
経済面の落ち込みからはやりたいが、不人気故どう扱うか、東京がどう出るか、菅が継続か、維新が政権に入るのかどうかである。

大阪淀屋

まずは市長選で市民の審判を受ける。
賛成派が当選しても市有地といえ更地でない山下公園の倉庫の立ち退きという難題がある。
相当長期化するだろうから、予定期日通りの開設は難しいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です