新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

【イケフェス大阪2019】 読売テレビ新社屋のガイドツアー「 読売テレビから見てみよう」に参加してきました!


※2019年3月撮影

生きた建築ミュージアム フェスティバル大阪(通称:イケフェス大阪)は、毎年秋の週末に、大阪の魅力的な建築を一斉に無料公開する、日本最大級の建築イベントです。普段は立ち入る事が出来ないビルの中に入れたり、屋上に上れたり、バックルームを見たり、古い建物を愛でたり出来る建築クラスタに取っては夢の様なイベントです。今回初めて事前申し込みプログラムに当選し、読売テレビ新社屋のガイドツアーに参加する事が出来ました!

今回のガイドツアーは原則撮影禁止でした。セキュリティ対策が必要なテレビ局なので当然ですね。だだし、屋上庭園と1〜2階の一般エリアは撮影OKとの事でした。読売テレビ新社屋の雰囲気が少しだけご紹介したいと思います。

 

 

いきなりですが、こちらは新社屋の屋上です!普段は絶対に入れない場所なので興奮気味です。

眼下に広がる大阪城公園!大阪城ホールを真正面から見下ろしたのは初めてです。

 

天守閣のアップです。読売テレビ新社屋の設計要件1つに「大阪城が見える事」があります。各フロアの窓は大阪城の眺めを最大限に楽しめる様に窓が最大化されています。またビルの高層部分はOBPの基本的なグリッド、東西南北軸に対して45度傾ける事で、大阪城天守閣と正対する様に設計されています。

 

 

 

 

ハルカスと・・小さいですが通天閣の並びです。解りますか・・・?

 

屋上庭園の様子です。写真左の枝垂れ桜は醍醐寺に由来するクローン桜「太閤千代しだれ桜」です。目の前にある大阪城の城主「豊臣秀吉」との関係性を持たせているとの事。

 

屋上庭園には一段高くなっているところがあります。これは大阪城を上手く撮す為の工夫です。このビルの設計要件の中に「何所でも(TVの)撮影出来る事」があり、ビルの各所にセットとして使える場所や、絵作りしやすい仕掛けが鏤められていました。

 

 

高層部のアップです。この当たりの外壁はダブルスキンですね。

内部にある吹き抜けの様子です。

旧社屋にあった「コナン」像です!大阪城と並べて撮れる位置に設置されました。

 

屋上庭園から見た中之島公園の様子です。

 

 

その後、社員食堂、カフェスペース、スタジオ、地下1階を巡りスタート地点のエントランスロビー「10plaza」付近まで戻ってきました。

2階も普段は立ち入れない場所なので、このアングルの写真は貴重です。

 

普段は下から見上げるしかない怪盗キッドを真横から。奥にはダウンタウンDXの「トスポくん」があります。

2階の様子です。このあたりは上階のオフィスやカフェに似た雰囲気でした。

1階エントランスロビー「10plaza」には西日本最大のLEDビジョン「10vision(テンビジョン)」があります。372インチ、画素ピッチは1.9mmです。

ロビーの片隅にはカフェがありました。

寝ている紫のオッサン。寝ながら問題解決する凄い人です。

駆け足でご紹介してきた読売テレビ新社屋。ガイドツアーに参加すると様々な気づきや発見があり素晴らしい体験が出来ました。読売テレビさん、今回はイケフェスのガイドツアーを企画して頂き本当にありがとうございました!

8 COMMENTS

ショート

私もイケフェスの読売テレビ新社屋見学の2日目15時に参加しましたが、ロングさんの写真を見せていただきビックリ!
こんなにきれいには撮れなかったです。完全な逆光で、ほどほど曇っていたほうがいい写真が撮れるのだと実感しました。
イケフェスではOMMの西側屋上とオリックスビルが個人的には良かったです。来年を期待しています。

三刀流

藤本義一さんの軽妙なしゃべりで大阪から全国放送していた深夜番組「11PM」(火曜、木曜)がなつかしいです。最先端の情報満載で、あの頃の読売テレビは今よりも輝いていたように思います。
このスタジオから大阪の情報を全国に発信してほしいです。

ロングさん>
そういうことでしたか。
納得しました。
教えていただき、ありがとうございます。
「す・またん!」とかでそんな話しをしてましたっけ。
す・またん!に出ている古株のアナウンサーがあれですから、言いませんよね。

ぽり

東京のテレビ局と違ってMBSやABCではセットのベニアが不燃か難燃が使われていました。セットにお金はかけられませんが防火対策はきちんとされているようです。
昨日イケフェスにて大阪商工会議所を見学しましたが、読売旧社屋の外壁(低層部RC,中層部プレキャスト、高層部アルミキャストは同じ型抜き)とサイズは違いますが、同じものが内部にありました。

ロング

ぽりさん>
おはようございます。現地で案内があったのですが、1・2階・屋上庭園のみ撮影OKで、他所は不可との事でした。

睦さん>
建物の高さは生駒山に電波を送信するパラボラアンテナがニューオータニよりも高くなる様に設計されてるそうです。高さをそろえるには、アンテナ用のタワーを設置するか、他の伝送手段を構築する必要があるとの事です。

写真をアップしていただき、ありがとうございます。
立派な建物であることがうかがえます。
今回の写真では写っていませんが、高層棟が隣のホテルニューオータニ大阪よりも高く建設されています。
高層棟は、ホテルニューオータニ大阪と同じ高さにした方がきれいな街並みになったと思います。

LEACH

通天閣をもう一度、民間の力でデカく建て替えなんて出来ないかなぁ・・・。
周りの建物の高層化のせいで存在感が・・・。汗

誰か有名人や財界人が音頭を取って話を進めれば可能性はなくはない!w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です