【再都市化ナレッジデータベース】

EDEN Singaporeはヘザーウィックとスワイヤー・プロパティーズが共同で設計したオーガニックな超高層ビル



EDENは、数々の賞を受賞したロンドンのヘザーウィック・スタジオがスワイヤー・プロパティーズと共同で設計しました。2ドレイコットパークに位置し、タングリンクラブに隣接し、アメリカンクラブの真向かいに位置するEDENは、オーチャードロードから徒歩数分のところにあります。この物件は、シンガポールの「ガーデンシティ」というビジョンにインスパイアされており、豊かさ、贅沢さ、調和のとれた自然で手つかずのままの美しさを持つ場所として計画され2019年11月に完成しました。

【出展元】
https://www.eden.sg/
Swire Properties

 

 

世界で最も人気のあるデザインコンサルタント会社の一つであるヘザーウィック・スタジオの評判は、マンハッタンのハドソンヤード開発の公共の中心となる最近の「ベッセル」、2010年上海万博での記念すべき英国パビリオン「シード・カテドラル」、2012年夏のロンドンオリンピックの開会式を飾った「炎の大釜」など、人目を引くプロジェクトの数々で確立されました。

 

 

 

 

 

ヘザーウィック・スタジオは、シンガポールの南洋工科大学のラーニング・ハブでシンガポールでその名を知られ、現在は、チャンギ空港の待望の第5ターミナルの設計をコーン・ペダーセン・フォックスと共に行っているほか、カリフォルニア州のグーグルの新本社マウンテンビューの設計も行っています。そして今、EDENのチームは、21世紀の超豪華な赤道生活を再定義するための注目すべき建物を生み出しました。

 

 

 

 

都会のスカイラインでは当たり前のようになった鉄やガラスのタワーとは根本的に異なり、EDENのラディカルなデザインは、都市生活者の健康的で持続可能なライフスタイルの実現に植物や自然システムが果たす役割を前提としています。

この未来に焦点を当てた考え方は、EDENのファサードのデザインを見れば一目瞭然で、建物のコア部分から出てくる片持ち梁と有機的な形のバルコニーの隆起した柱によって分断されています。

 

 

 

 

太陽の日陰を最大限に利用し、独自の内部灌漑システムを含むように設計されたこれらの特注の特徴には、絶妙に植えられたハンギングガーデンが含まれており、各住戸の周囲の熱帯の暑さを大幅に和らげ、空気中の汚染物質をろ過しながら、居住者に自然との接触をもたらしています。

 

 

 



EDENのコンクリートファサードは、シンガポールの地形の輪郭を浮き彫りにしています。シンガポールの輪郭の地図を抽象化することによって、ヘザーウィックスタジオは新しい地形的なテクスチャーを作成し、加工業者と協力してEDENのファサードを形成するパネルのための一点物の金型を作成しました。建物とその周辺の輪郭が浮き彫りにされたこれらのパネルは、EDENの位置を明らかにし、美点とし、素材に物理的かつ概念的な興味を与えています。

また、EDENの色は、その背景との差別化にも微妙な役割を果たしています。自然に見えてコンクリートを引き立てる理想的な色調を見つけるために、シンガポールの太陽の下で100色以上の赤、紫、茶色の色調がテストされました。

 

 

 

EDENのデザインの工夫は、肌身以上のものであり、建物のオープンプランのインテリアに大きな影響を与えています。各住戸は、3方向に開いた広々としたリビング・ダイニングスペースを中心に配置されています。EDENの非の打ちどころのない環境への配慮は、シンガポールの建築建設局によってすでに認められており、2018年には建物のグリーンマーク賞でプラチナ評価を受けています。EDENの革新的な技術は、南国の住宅建築の歴史に新たなページを開き、現代の贅沢の概念を再定義しています。

 

1 COMMENT

サジャ

このもっさりとした木々は元からついているのですね・・。
庭木と雑草で苦労をしている人間としてはちょっと寒い。(虫が大嫌いなので)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です